ログイン

IMJ

デジタルマーケティング業界のリーディングカンパニーであるIMJ
アクセンチュア インタラクティブのグループとなり、新たな挑戦に必要なWebディレクター像とは?
2017年、デジタルマーケティング業界のリーディングカンパニーであるアイ・エム・ジェイ(以下、IMJ)が、アクセンチュア インタラクティブのグループになるというニュースは、業界を驚かせた。そのIMJが、いま即戦力のWebディレクターを募集している。採用の背景やどういった活躍を望んでいるのかを本部長/シニアディレクター 内田泰博氏に詳しく伺った。

お客様のデジタル領域のパートナーとなって、そのビジネスを理解し、
そのビジネスに貢献したいWebディレクターを必要としている

今回、御社はなぜWebディレクターを募集しているのでしょうか?

   今回、特に私たちが求めているのは、一言で言えば「プロジェクトの上流から関わりたいWebディレクター」です。業務の中心となるのはもちろんWebサイトを含めたクリエイティブ制作ですが、IMJのディレクターは、営業・プロデューサー・プランナーなどとともにお客様の経営層・部長層とコミュニケーションを取りながら、お客様のビジネスを理解し、ビジネス拡大に貢献することを目的に企画提案しています。そのため、単にWebサイトを制作するだけではない事業目線・経営目線を持ったWebディレクターを必要としています。

   近年お客様からのご要望は複雑化してきており、単なるWebサイト構築は求められていません。私たちのビジネスの目的は、お客様の商品・サービスなどのブランディングやCRM戦略を通してビジネス拡大に貢献することです。それらを達成する手段として、デジタルマーケティング施策を提案しています。もう少し具体的に言えば、私たちのプロジェクトのほとんどは、お客様の経営層・部長層との相談から始まります。IMJでは、その相談の場にWebディレクターも参加し、今回のプロジェクトの目的は何か、KPIをどう設定するかといった話し合いに積極的に関わります。そして、目的に合わせたソリューションを組み立て、最終的にどんなクリエイティブに落としていくかなど、いろいろと知恵を絞っているのです。

   以前から、お客様はIMJを「デジタル領域のパートナー」と捉えてくださる企業が多く、特に外資系企業のお客様のいくつかは、「デジタルリードエージェンシー」としてデジタル予算の振り分けや年間戦略の策定、広告代理店の選定など、お客様と同じ目線で関わることを求められてきました。日本企業のお客様の場合も長いお付き合いをさせていただくことが多く、中長期のビジネス貢献を求められています。たとえば、私はこの10年間、外資系飲料メーカーのお手伝いをしてきましたが、まさに私たちをデジタルリードエージェンシーと位置づけてくださり、ビジネスの決定の場にも深く関わらせていただきました。

   その流れは、アクセンチュア インタラクティブのグループになってから、さらに拍車がかかっています。アクセンチュアの皆さんと協業するということは、ビジネスの根幹に触れる機会がこれまで以上に増えるということ。ビジネススケールもより大きくなるケースが多く、Webディレクターの活躍の幅はさらに広がってきています。

アクセンチュア インタラクティブのグループになったことは、現場にはどのくらい影響しているのですか?

   私たちは、アクセンチュアとの内部融合を、拙速に進めるつもりはありません。一緒になって事業変革の新しいモデルをつくろうとしているのですから、安易につながっても意味がないのです。具体的には、共通スローガンである「REINVENTING THE EXPERIENCE」のもと、生活者・企業・社会における体験価値を再定義・再創造・再発明し、それぞれの“体験”を次のステージへとアップグレードしていくための共同プロジェクトをいくつか立ち上げています。これらのプロジェクトのなかで、私たちがどうやって協業するのがベストなのかを、現場レベルで試行錯誤している最中です。

   これは業界でもほとんど先例のないチャレンジですから、最適な連携の形、ビジネスの形、組織の形が見えてくるまでには暫くかかるでしょう。言い換えれば、いまIMJは変化の途中にあるのです。その変化がどういったものになるのか、どの程度大きいのか、現場がどのくらい変わっていくのかはまだわかりません。新しく入社する方には、その変化を楽しんでいただき、フレキシブルに対応していただけたら嬉しいです。もちろん、ご自身で主体的に変化を起こしていくこともできる会社です。

「あのプロジェクトの、あのポジションに入ってもらったら、活躍してもらえそうだ」と、
面接で話すうちにイメージできる方に来ていただけたら嬉しい

新たに入社する方にどういった活躍を期待していますか?

   まずお伝えしたいのは、現時点で、お客様のビジネスをすぐに深く理解できなくてもかまわないということです。私たちが一番に求めているのは、お客様のビジネスに積極的に関わろうとする姿勢です。お客様の経営層や部長層、あるいはIMJのプロデューサー、アクセンチュアのコンサルタントと同じ目線で話す力を、現場でどんどん磨いていっていただけたらと思います。

   また、今回は即戦力のWebディレクターを求めているため、一連のWebディレクション経験がある上で、自分のディレクション力をどう活かすかを自ら考えていただける方を必要としています。言い換えれば、ご自身の特徴や強みを、面接時にしっかりとアピールできる方を求めています。面接で話しているうちに、「この方は、あのプロジェクトのあのポジションに入ってもらったら、活躍してもらえそうだ」と、具体的にイメージできる方は採用の可能性が高いと思います。

   求めるWebディレクターのタイプは多様です。たとえば、さまざまなケース、さまざまな業界のお客様に対応したことのあるディレクターはもちろん、特定の技術領域や業界に強く、得意としているようなディレクターも必要としています。いずれにしても、入社後はIMJに新しい風を吹き込んでいただきたいですし、入ったプロジェクトに新たな価値をもたらしていただきたいと思っています。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

   IMJにはさまざまなプロジェクト、さまざまなポジションがあるため、数多くのチャンスをご提供することができる環境です。最新の技術に積極的にチャレンジしながらスペシャリストを目指したり、将来的に組織マネジメントのポジションについていただくという選択肢もあります。近いうちに、アクセンチュアとの協業プロジェクトに関わっていただく可能性も十分にあるでしょう。「IMJで、自分のこの先のキャリアをつくる!」という気持ちを持って入ってきていただけると嬉しいですし、そういう気持ちを裏切らない環境だと思います。あなたと一緒に働ける日を楽しみにしています。

【IMJの概要】
デジタルマーケティング領域において、戦略策定、集客・分析(データ解析・効果検証等)からウェブインテグレーション事業における豊富な知見・実績を強みに「ストラテジープランニング」「アナリティクス」「クリエイティブ」「エグゼキューション」という様々なソリューションをワンストップで提供し「デジタルの力で生活者の体験を豊かにする」という企業ミッションの実現に取り組んでいます。2016年にはアクセンチュア インタラクティブのグループに加わり、共同で掲げたスローガン「REINVENTING THE EXPERIENCE」のもと、生活者・企業・社会における体験価値を再定義・再創造・再発明し、それぞれの“体験”を次のステージへとアップグレードしていくことを目指します。

設立:1996年7月4日
資本金:43億1,046万円(2016年3月31日現在)

社員数:614名(2017年9月1日現在)
URL:https://www.imjp.co.jp/

株式会社アイ・エム・ジェイ本部長/シニアディレクター 内田泰博氏
大学卒業後、制作会社を経て、2005年IMJ入社。外資系飲料メーカーのプロジェクト立ち上げメンバーとして、クリエイティブ全般を担当し、IMJのトップクライアントにまで成長させる。その後、複数ブランドを統括し、現在はプレイヤーと兼任してデリバリー部門(Webディレクター)の組織管理も担っている。

経営戦略からマーケティング領域までの課題解決を担うマーケティングコンサルタント

年収:800万円 〜 1,200万円

勤務地東京
業種コンサルティング > コンサルティング・シンクタンク
マスコミ・メディア > 広告
職種マーケティング > オンライン(Web・モバイル)
コンサルタント > マーケティングコンサルタント
IT・インターネット > Webプロデューサー・ディレクター・デザイナー

担当ヘッドハンターの目線

高橋秀成氏 株式会社キープレイヤーズ トップパートナー

卒業後、フリーター経験を経て大手求人媒体社へ入社。その後、広告代理店の創業メンバーとして勤務。営業としてのフロント業務から採用、教育、新事業部の立ち上げから経営企画業務と横断的に従事。直接雇用問題に関われる人材業界を志望し転職。証券系人材会社を経て、独立系紹介会社へ就業。大企業からベンチャーまで、領域・職種を問わない支援実績を構築。退職後、株式会社リエゾンアーキテクトを設立し、代表取締役として従事。現在は株式会社キープレイヤーズのパートナーとして人材紹介業務を行いながら、株式会社ディーセントワークを代表取締役として運営。その他、いくつかの企業の人事業務を、通過権限を有して執行中。ベンチャーのマーケティング会社の社外取締役も兼任。「採用する側」「採用される側」「採用を支援する側」の3つの立場を経験していることから、エージェントとして精度の高い就業支援を実践している。

もし、私にマーケティングのキャリアがあったら、入ってみたかった会社
この環境でWebディレクターの理想を追求できる方々が羨ましい

   IMJは、1990年代から20年以上つづく、国内最大規模のデジタルマーケティング企業です。その間、インターネットの世界はダイアルアップから始まって、現在のスマートフォンやAIに至るまで、どんどん変わってきました。IMJが特徴的なのは、その変化に合わせて柔軟にビジネスの形を変えてきたことです。以前はWebサイトの制作が主なビジネスでしたが、現在はデジタルマーケティングを通して人間行動を科学するビジネスを実践しています。その懐の深さは業界を代表する企業ならではですが、その一方で、技術や方法論の先進性もベンチャー企業などに引けをとりません。

   一言で言えば、私はIMJは「デジタルマーケターとして理想を追求できる会社」だと思います。この業界では、力のある方ほど、今の環境では自分のやりたいことができないと悩んでいるケースが多いように感じるのですが、その不満はIMJなら解消できるはずです。お客様と対等の立場でお客様のビジネスに関わり、コンサルティングをすることができますし、最新テクノロジーを使って、最先端のデジタルマーケティングを追求することもできます。お客様と正面から向き合って、現実的・戦略的なマーケティングアプローチを取ることができる環境があるのです。

   アクセンチュア インタラクティブのグループに加わったことは、私も驚きました。これはいわば、野球チームとサッカーチームが一緒になったようなもので、業界では大変センセーショナルなニュースでした。現在も注目度は高いと思います。この動きもチャンスと捉えて、積極的に行動を起こせる方なら、さらにIMJを強くお勧めしたいと思います。

   私は11年、転職エージェントをしてきましたが、IMJはそのなかでも特に自分が入社したい会社の1つ。もし、私にマーケティングのキャリアがあったら、入ってみたかった。この環境で、デジタルマーケティングとWebディレクターの理想を追求できる方々が羨ましいと思います。

(上記内容は2017年12月5日時点での情報です)
ページ先頭へ