ログイン

オムロン株式会社

モノづくりの分野でイノベーションを起こし、
技術の力で社会的課題を解決する――
制御系エンジニア、パワーエレクトロニクス系
エンジニアを募集
「センシング&コントロール技術+Think」をコア技術に産業向け制御機器や、車載部品、ヘルスケア製品など幅広い事業を展開するオムロン。社会のニーズをいち早く捉え、世に先駆けて商品を提供する「ソーシャルニーズの創造」を追求し続けています。そんなオムロンでは、制御機器事業における技術開発職、および研究本部のパワーエレクトロニクス系技術開発職の採用に注力中。インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー(IAB)商品事業開発本部技術開発センタの福井信二センタ長と、技術・知財本部組込システム研究開発センタ技術専門職の財津俊行工学博士に、それぞれの募集の背景や求める人材像などを伺いました。

モノづくりの未来を変えるAI、IoT、ロボット開発職を募集

制御機器事業における技術開発職の採用に注力しているIABですが、IABでは具体的にどんな事業を手掛けているのでしょうか?

福井:オムロンは、モノづくりの現場をオートメーション化するために必要なセンサーなどの入力系機器から、制御に必要なコントローラー、モーターやロボットなどの出力系機器までを幅広く取り扱う、世界で唯一のメーカーです。IABではこうした幅広い商品や技術を武器に「人と機械がいかに効率よく連携してモノづくりを行えるか」を追求し続けています。

   技術の進化に伴い、生産現場でもイノベーションが起きようとしています。そうした中、我々が持っているさまざまな技術や製品群で、率先してイノベーションを起こしていくことで、より良い社会の実現を目指しています。

   例えば、スマートフォンは毎年のように新しいモデルが発売されていますが、それゆえに製造ラインの自動化が難しく、未だに多くの工程を人の手が担っています。頻繁に製品の型が変わるため、大型の設備投資ができないのです。そこで我々は、一部を改造すれば次のモデルにも対応できるソリューションを考え、提供。製造現場の生産性や品質を向上できると高く評価いただいています。

IABの分野は主にどんな業界、分野が顧客になるのですか?

福井:あらゆる業界が対象になりますが、2020年をゴールとした新中期経営計画「VG2.0」では、我々の技術が特に必要とされている3業界、すなわち「デジタル機器」「自動車」「食品・日用品」をメインターゲットに置いています。

   そして、これらの業界に対して、インテグレイテッド、インテリジェント、インタラクティブという3つの「i」を総称する「i-Automation!」というコンセプトを推進しています。インテグレイテッドは「統合、すり合わせ」の意味。製造現場の匠の技を誰もが簡単に実現できるよう、制御技術を進化させ続けるという意志を示しています。インテリジェントは「知能化」を指していますが、生産機械や生産ラインにおけるIoTやAI技術活用を提案します。そしてインタラクティブは、「人と機械の協調」という意味。製造現場で機械が人の動きや考えを理解しアシストしケタ違いの生産性と品質向上を目指します。この3つの「i」を軸に、モノづくり現場を革新するコンセプト「i-Automation!」を実現していく計画です。

このたびの、IABにおける開発職の採用背景と、求める人材像を教えてください。

福井:「i-Automation!」に対する顧客企業の期待は高く、引き合いも増えています。現場でさまざまなイノベーションを起こすためのソリューションを一つでも多く生み出すために、AI、IoT、ロボットの開発職を求めています。

   ロボットは、将来的には「自立型ロボット」のさらなる進化を目指しつつ、現在はロボット制御のプログラミングをより簡単にすることを狙いとして、「ソフトウェアの再利用技術」の研究開発を進めています。ロボットが行う作業を高度な再利用部品(ファンクションブロック)として開発し、それらを組み合わせることでより簡単にプログラミングできる環境構築を進めています。

   AIにおいてはさまざまなニーズがありますが、これまでのフィードバック型制御が適応できない領域への活用に期待があります。オムロンが保有するさまざまな機器からのデータを用いて機械学習を行い、数秒先の動きが予測できるようになる「予測型制御」にもチャレンジしていきます。

   IoTは、これらの基盤となる技術。ロボットもAIも、まずは質の高いデータを集めることが前提になるため、階層ごとの通信アーキテクチャ設計を進めて、よりクオリティの高いソリューション提供を図っていきます。

   求める人材の要件は、これらに関連する技術を持ち、かつ技術的アウトプットができる人。長年モノづくり現場の課題にずっとアプローチし、経験や技術、知識を積み重ねてきたオムロンには、「自らの手で社会的課題を解決したい」という高い志を持った技術者が集まっています。私自身も、新卒でオムロンに入社して以来、30年超モノづくりの現場に関わってきました。新しく仲間になっていただける方には、ぜひ積極的に先輩技術者らと情報交換を行い、コミュニケーションを取りながら、世界最高水準のオートメーション技術を追求してほしいと願っています。

研究本部では、大きな変化を迎えつつあるパワーエレクトロニクスの技術開発職を募集

研究本部では、パワーエレクトロニクス(パワエレ)系の技術開発職の採用を強化しているとのことですが、どういう背景からでしょうか?

財津:パワエレ技術はあらゆる電気機器・製品の電源に欠かせないものですが、過去を振り返ると、けん引役となるテーマが10年単位で変化しています。1960年代は軍事用がけん引役となり、その後通信、パソコン、省エネ…と変化してきましたが、現在は環境保護に関連してEV(電気自動車)、そして少子高齢化や労働力不足を背景としたロボットが、新たなテーマになりつつあります。つまり、静的負荷から動的負荷にけん引役が変わるということであり、それに付随してパワエレにも大きな変化が求められます。

   新興国を中心に、世界の自動車需要はますます増えると予想されます。また、ロボットもIABが担う生産現場のほか、その他の領域のロボットの普及拡大も見込まれます。その中、自動化を実現し、省エネルギー化を支えるパワエレ技術の重要性は増す一方。環境の変化に対応し、ブレイクスルーできる人材の採用が急務になっているのです。

   具体的には、産業用スイッチング電源、産業用サーボ・汎用インバータ、太陽光発電用パワーコンディショナ、車載用電源の先行技術開発に携わるパワーエレクトロニクス回路設計エンジニア、太陽光発電システムなどに使用するパワーコンディショナ設計エンジニア、電気自動車向け電源開発エンジニアなどを求めています。いずれも大きな成長が予想される分野であり、自身の手で「社会的課題を技術で解決する」という醍醐味を感じられるでしょう。

パワエレ分野で求める人材像を教えてください。

財津:コンバータとインバータの技術を持つ人材を求めていますが、両方の技術を持っていなくても構いません。どちらか一方の技術を突き詰め、「さらにカバレッジを広げよう」という意欲ある人を求めています。社内に情報やナレッジはたくさんあります。学会に出席する機会も多いですし、研究成果を発表することも推奨しています。積極的に情報を収集してキャッチアップするとともに、皆で情報をシェアし合い、高め合ってほしいですね。

   さらに言えば、「時代の先を読む力」を磨こうとしている人が望ましいですね。5年後10年後、パワエレに求められるものは何か?を考え、それに関する技術を開発しようと自ら動こうとする人材です。先々のことは誰もわからないからこそ、オムロンではメンバー、役職者関係なく、各自が常にアンテナを立てています。同じように多方面にアンテナを張り巡らせている人に、仲間になってほしいと願っています。

財津さんは、「パワエレのプロ」として電機メーカーや半導体メーカーなど国内外のさまざまな企業を渡り歩いたうえで、2年前にオムロンに転職してこられたと伺っています。オムロンのどういう点に惹かれたのか、教えていただけますか?

財津:サーボモーターや電気自動車といった「動的負荷」には、コンバータとインバータが必要になりますが、開発プロセスや必要な技術が異なるコンバータ、インバータの両方を手掛けるメーカーは世界的に見てもほとんどありません。

   私は1985年に電源業界に飛び込んで以来、ずっとこの分野に携わり続けている“生粋のパワエレ屋”。「パワエレで社会に貢献していきたい」という気持ちは誰にも負けないと自負していますが、「コンバータ、インバータ両方を兼ね備えるオムロンならば、より社会に貢献できる」と確信し、オムロンの一員に加わりました。

   オムロンには、パワエレ分野のエンジニアが力を発揮できる環境が整っています。シミュレーションや実験環境が充実しているほか、学会の参加や国内外の著名な研究機関や企業、大学などとの連携も積極的です。カバレッジを広げられるチャンスは非常に多く、エンジニアには最良の環境。今までに7社を経験してきた私が自信を持って言うのですから、間違いありません(笑)。

【オムロンの概要】
制御機器・FAシステム事業、電子部品事業、車載電装部品事業、社会システム事業、健康医療機器・サービス事業の主要5事業を展開する電気機器メーカー。一部分社化を含め、カンパニー制で展開する。

設立:1948年5月
資本金:641億円(2017年3月31日現在)

従業員数:36,008名(2017年3月31日現在:オムロングループ全体)

オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー(IAB) 商品事業開発本部 技術開発センタ センタ長 福井信二氏
大学で電子工学を学んだ後、1984年立石電機(現オムロン)に新卒入社。以来33年間、ずっとモノづくりに携わる。2005年から2009年までの4年間「専門職制度」を利用し、FA領域の技術専門職として技術を追求。現在はIABの技術開発責任者として采配を振る。

オムロン株式会社 技術・知財本部 組込システム研究開発センタ 技術専門職・工学博士 財津俊行氏
1985年よりNECで通信用電源の開発に従事し、93年米バージニア工科大学客員研究員に。その後、日本ルーセントテクノロジー、TDKおよび米TDK Innoveta Inc.を経て、2007年に米Texas Instruments Inc.に転職し、2007年から2015年まで日本テキサス・インスツルメンツ株式会社でパワエレのスペシャリストとして活躍。2015年より現職。

次世代工場制御システムの開発・設計

年収:700万円 〜 1,200万円

勤務地東京・滋賀
業種メーカー > 電気・電子
メーカー > 精密機器・計測機器
職種電気・電子 > 研究・開発
電気・電子 > 生産技術・製造技術
機械 > 生産技術・製造技術・生産準備

パワーエレクトロニクスエンジニア

年収:700万円 〜 1,200万円

勤務地東京・京都・滋賀
業種メーカー > 電気・電子
メーカー > 精密機器・計測機器
職種電気・電子 > 研究・開発
電気・電子 > 回路設計・実装設計
電気・電子 > 回路設計・電気制御設計

オープンポジション ※ご経験をもとにポジションをお探しさせて頂きます。

年収:700万円 〜 1,200万円

勤務地東京・滋賀
業種メーカー > 電気・電子
メーカー > 精密機器・計測機器
職種電気・電子 > 研究・開発
電気・電子 > 生産技術・製造技術
機械 > 生産技術・製造技術・生産準備

担当ヘッドハンターの目線

増田直子氏 株式会社リクルートキャリア コンサルタント

全日空グループのグランドスタッフとして関西国際空港にてキャリアをスタート。その後、2004年から現職。大阪・神戸・名古屋にて法人の採用支援、個人の転職支援に従事した後、2013年からコンサルタントとして、ハイキャリア人材の採用支援、転職支援に携わる。

社会貢献を実感できる役割
自身を高め続けられる環境もある

   多くのエンジニアの皆さんは、「社会に役立つ製品を生み出したい」と考えていらっしゃると思いますが、それを体現できるのがオムロン。エンジニア一人ひとりが、社会的課題を解決するために事業・製品を前進させることを考え、実行できる環境があります。

   また、それを実現できる技術・製品があることが大きな魅力。センサー、コントローラーからロボットまでの品ぞろえ、そしてパワエレではインバータからコンバータまで世界トップレベルの技術・製品を保有するオムロンだからこそ、社会を変えていく開発ができるのだと感じています。

   そんなオムロンでは、どの部門においても、技術を追求することに労力を惜しまないストイックさを持つ方、かつ技術を活用し社会に役立ちたいとの強い想いを持つ方がフィットすると思います。加えてIABではモノづくりの現場が好きな人、パワエレ分野では「パワエレをさらに進化させたい」という熱い想いを持っている人に、ぜひ門を叩いてほしいと願っています。

   入社後は、技術者として魅力的な、さまざまなフィールドが待っています。一緒に働く仲間、顧客・取引先、大学・学会など社外とのつながりを広げることによりコア技術を磨けることに加え、周辺技術も高めていくことができるでしょう。また、国内外のさまざまな機関・企業と協働・協業するチャンスが多いことから、海外をフィールドに活躍できる可能性もあります。

ページ先頭へ