ログイン

シークス株式会社

EMS事業(電子機器製造受託サービス)
国内トップのシークスが世界14か国40拠点の
グローバルネットワークをさらに拡大。
自由で柔軟な発想からグローバル工場経営及び商社を担う人材を募集します。
現在シークスでは、多様な人材を募集している。なぜ多くの人材を求めているのか。
どのような人材が必要なのか。代表取締役社長の桔梗芳人氏に伺った。

世界のリソース活用を追究する“グローバル・ビジネス・オーガナイザー”として、世界中で生まれるニーズを発掘。新たな付加価値を創造しています。EMS事業では、世界中のお客様に「最高品質のものづくり」を提供、直近4年間で当社時価総額は300億円から1,000億円強まで拡大しています。

まずはシークスについて詳しく教えてください。

   当社の創業は約60年前の1957年。前身であるインキメーカー・株式会社阪田商会(現サカタインクス株式会社)貿易部においてシークス現会長である村井史郎氏が創設。フィリピン向けに電子部品の輸出を行ったことが起源です。以来、電子部品・デバイス、各種電気製品・電子機器、機械等の輸出入販売及び三国間取引などの海外事業を拡大。1992年7月に、分社独立し「サカタインクスインターナショナル株式会社」として設立。その後1998年7月に社名を「シークス株式会社」と改称。

   分社後は、民生機器のほか、車載機器、産業機器など幅広いエレクトロニクス分野を対象に、部材調達、物流機能も併せたEMSサービスを提供するグローバル企業として発展。1999年に大証二部、2000年に東証二部への上場を経て、2005年には東証一部・大証一部に指定。創業当初から「海外」に着目し、グローバルでビジネスを拡大。日本法人の社員は300名ほどですが、世界14か国に40拠点を持ち、合わせて約12,000人の従業員が在籍しています。

   私は、創業者で現会長の村井史郎氏から誘いを受け、2011年に近畿大阪銀行の頭取から転身してシークスに入社、2013年に代表取締役に就任しました。直近4年間で、シークスは時価総額300億円から1,000億円強へ急成長しています。

シークスの成長の秘訣について詳しく教えてください。

   なぜ私たちが大きく成長してきたのか。端的に言えば、世界中の製品の電子化が進みお客様(車載や民生・産業用等あらゆるメーカー)に対して「電装品を中心とした日本品質のものづくり」を次々に実現してきたからです。近年は車載機器の受注が増えており大きく売上を伸ばしています。自動車の他、カメラ、スキャナ、ベンディングマシン、デジタル家電、通信機器、航空機、医療機器など、私たちの身の回りにある様々な製品に、当社製造の電子機器が使用されています。

   私たちのビジネスの特徴は、ものづくりに必要な電子部品の調達や高品質な製造技術の提供にあります。また、近年では電子部品の実装のみならず金型・成形の製造や顧客への柔軟な納品(物流)サービスを提供することで顧客企業が求めるワンストップサービスをグローバルに提供しています。

   特にきめの細かいQCDSを求める欧州企業からはこの点が評価され、パートナーとして認められることで近年受注が増加しています。また分野別では、厳しい品質基準により参入障壁が高い車載関連機器メーカーからの受注が増加しており、当初は参入に苦慮したものの、技術力を強化した現在では、顧客企業からの信頼も高まり新規取引が急増しています。

   更に私たちが得意とするのは分野を問わず世の中のニーズに対応していくことです。ニーズとシーズを結びつけることで新たなビジネスを創造することを経営フィロソフィーとしていることから、昨年よりリチウムイオンバッテリーのパッキングビジネスを開始しましたが今後も新たなビジネスの創造に取り組んでいきます。

常に好奇心を持ち、主体的に行動して、
自由で柔軟な発想でお客様のためにブレークスルーしていける方を求めています。

新たに入社する方にはどのような活躍を求めていますか?

   これから私たちが目指すのは、単にビジネスを拡大することではありません。優れた開発力を持つお客様と長期安定的に良いビジネスを行い、より一層の利益を上げていくことです。そして、最も大切なこととして「社会的に存在意義のある組織」を創り続けることです。

   その為に重要なのは、まずお客様の意向によく耳を傾けることです。私たちはメーカーではありません。自らが製品を開発するのではないのです。お客様が求める最高の電子機器を具現化するのがミッションです。この為にはお客様や社会に合わせて、フレキシブルに変わり続けていく必要があります。新たに入社する方には、固定観念に捉われず、自由で柔軟な発想で、ブレークスルーを生み出し続けていただけたらと思います。

   私は、シークスの全員が「プレイングマネジャー」であるべきだと考えています。皆でスクラムを組みながら、全員がそれぞれ自分でトライするのだという気持ちを忘れて欲しくありません。熱意を持って、主体的にどんどん前に進んでいただきたいと思います。

どのような方を求めていますか?

   一言で言えば、やる気と情熱、好奇心、柔軟性、前向きさ、素直さのある方です。スキルよりも、こうした気持ちや姿勢をより重視しています。
私たちは変わり続けていくのですから、長い目で見れば、現在の能力やスキルよりも気持ちや姿勢をより大切にしています。

   技術系の場合、電子部品の実装工程などの生産技術に関する知識・スキルはあったほうがよいでしょう。しかし、それも最終的にはやる気と好奇心次第だと思います。私たちのビジネスはあくまでサービス業で、お客様ありきで進めていく必要があるからです。

   それから、海外への興味は欠かせません。大変グローバルなビジネス環境ですから、たとえ国内勤務であっても、世界に向けてビジネスを行っていることを意識していただきたいです。

最後に読者へメッセージをお願いします。

   シークスは、グローバルな会社である一方で、大変アットホームな社風でもあります。

   毎年2回、全社員が集まり戦略会議を行うのですが、そのうちの1日の夜はパーティーで社員の交流と結束を深めています。またバス旅行や普段も仕事が終わったら、自発的に社員たちは一緒になって飲みに行くなど交流が盛んでアットホームな環境です。また会長や社長との距離も近く会長室、社長室の扉は常にオープンにしています。これまでには、入社2年目の社員がアポなしで社長室を訪れ、海外出張の報告をするなど、開放的で年次にかかわらず提案ができる風土です。また今後もできるだけ社員と接する時間を確保したいと考えています。

   シークスのように変わり続ける会社には、できるだけ多様なメンバーがいたほうがよいと考えています。女性社員も多く活躍しており、場合によっては長期間の在宅勤務なども可能です。良い人材を大事に育てたいと思っており、そのために必要な制度改革、風土改革は柔軟に進めています。
新たに入社する方には、そうした面でもぜひ新たな意見をいただけたらと思います。

【シークス株式会社の概要】
ますます進展する経済のグローバル化と世界の電子化。今では当たり前になった海外でのモノづくり。
シークスは、スタートアップのベンチャー企業からグローバルメーカーまで生産にとって最大の課題となる「部材のグローバル調達」から「物流」、「製造受託(EMS)」まで、モノづくりのさまざまなアウトソーシング・ニーズにお応えしているユニークなグローバル企業です。

設立:平成4年(1992年)7月1日
資本金:21億4,400万円(平成28年12月末)

従業員数:単体 176名、連結 10,820名(平成28年12月末)
売上高:2,127億6,800万円(平成28年12月期:連結)

シークス株式会社 代表取締役社長 桔梗芳人氏
1978年慶應義塾大学商学部卒、協和銀行(現・りそな銀行)入行、りそな銀行常務執行役、りそなホールディングス傘下の近畿大阪銀行社長を経て、2011年にシークス株式会社入社。2012年に取締役、2013年3月より現職。
村井 史郎氏との共著 『グローバル・ビジネス・オーガナイザー』(ダイヤモンド社)

海外工場管理者 ※電子部品の生産技術や海外工場マネジメントの御経験者を求めています!

年収:700万円 〜 1,200万円

勤務地東京・愛知・大阪・中国・韓国・香港・シンガポール・その他アジア・オーストラリア・アメリカ・カナダ・ヨーロッパ・その他海外
業種メーカー > 電気・電子
メーカー > 家電・民生機器
商社 > 電気・電子
職種電気・電子 > 回路設計・実装設計
電気・電子 > 生産技術・製造技術
電気・電子 > 生産管理・品質管理・工場長

オープンポジション ※ご経験をもとにポジションをお探しさせて頂きます。

年収:700万円 〜 1,200万円

勤務地東京・愛知・大阪・中国・韓国・香港・シンガポール・その他アジア・オーストラリア・アメリカ・カナダ・ヨーロッパ・その他海外
業種メーカー > 電気・電子
メーカー > 家電・民生機器
商社 > 電気・電子
職種経営ボード > 経営者・CEO・COO
経営企画・事業企画 > 事業企画・統括
電気・電子 > 生産技術・製造技術

担当ヘッドハンターの目線

小笠浩史氏 株式会社リクルートキャリア ハイキャリア・グローバルコンサルティング部 コンサルタント

2009年、株式会社リクルートエージェント(現:リクルートキャリア)入社。
関西、九州、西日本を中心にベンチャーからグローバル大手メーカーまで、総合的な採用支援を務めた後、2016年4月よりハイキャリア・グローバル部門のコンサルタントとして管理職・経営層、専門技術などプロフェッショナルなキャリアを志向する求職者様と幹部人材を求める企業の双方に向き合いサポートをしています。
※徳島県生まれ、大阪府育ち。趣味は25年続けている柔道です。

日本的な社風を大事にしながら、
グローバルな環境で主体的にビジネスを行いたい方にはこれ以上ない会社です。

   シークス様は、EMS事業(BtoBビジネス)で、取引先企業と守秘義務契約を結んでいることから一般的な知名度は低い会社です。

   しかし桔梗様のお話にもある通りシークス様は、世界のグローバル化にともない著しい成長を遂げています。また今後も様々な社会や世界情勢の変化を捉えることで大きく拡大を計画されており、様々な人材を求めておられます。

   同社の募集で特徴的な点として、海外拠点駐在員や工場管理者などの日本採用海外駐在の勤務者が多いことです。これまでシークス様に御入社された方々のお話を聞く限りでも、赴任したい地域の希望があれば、その希望に沿ったポジションが与えられることが多いようです。その為、これまでにメーカーの海外拠点・海外工場に勤めていて、今後も海外で働きたいと考えている方などにはピッタリな環境ではないでしょうか。シークス様は役職定年がなく65歳まで勤務ができる為、若手・中堅の方々はもちろんのこと、ベテランの方々にもぜひお勧めしたい会社です。

   ビジネスはグローバルですが、お客様1社1社と深く付き合い、高付加価値のサービスを提供している点など、モノづくりを大切にする社風だと感じます。そうした点も含めて、シークス様に興味をお持ちの方は、ぜひ一度私にお声がけください。お待ちしております。

ページ先頭へ