ログイン

dely

またたく間に月間視聴回数が数千万回となった
日本最大級の料理動画レシピサービス
「KURASHIRU」。その運営会社delyが
1,000億円企業を目指して中核メンバーを募集
2016年から本格的にスタートし、またたく間に月間視聴回数を数千万回まで増やした日本最大級の料理動画レシピサービス「KURASHIRU」。そのサービスを手掛けるのは、今スタートアップ界隈で注目を浴びている若き起業家・堀江裕介氏率いる「dely」だ。2016年11月、delyは約5億円の資金調達を実施し、さらなるビジネスの急拡大を目指している。併せて、ほぼ全部門で優れた人材を求めているという。採用の背景、特に求める職種、活躍のイメージ、求める人物像などを堀江氏に伺った。

2016年、delyはインターネットの歴史を大きくひっくり返すチャンスをつかんだ
このチャンスを最大限に活かすには、各部門に最上の人材が必要だ

まずはdelyについて簡単に教えてください。

   delyはもともと2014年、私が学生時代に始めた会社です。当初はフードデリバリーサービスを展開していましたが、何回かビジネスをピボットして、2016年春から料理動画コンテンツにリソースを集中しました。料理動画レシピサービス「KURASHIRU」は短期間で急激に成長し、またたく間に月間視聴回数が数千万回にまで達する一大メディアとなりました。日本最大級の料理動画レシピサービスに躍り出たのです。現在は、Facebook、Instagram、自社アプリなどを通じて、月間に1,000本ほどの動画コンテンツを配信。Instagramとアプリ上での再生数が寄与して、今も急成長が続いています。

   同時に、従業員も一気に増えました。2015年、デリバリーサービス事業からメディア事業へピボットすると決めたときには共同創業者を除く全員が会社を去ったのですが、現在は約60人が在籍する会社になっています。今後、さらに飛躍的に組織を拡大していきます。

   私は、「KURASHIRU」には成長の余地がまだまだあると考えています。なぜなら、料理動画レシピサービス事業そのものに大きな可能性が秘められているからです。スタートアップ企業の成功基準に、「時価総額1,000億円」というラインがありますが、私は時価総額1,000億円までは「料理×動画」のワンコンテンツで十分に到達できると考えています。後ほどもう少し詳しく説明しますが、料理動画レシピサービス事業にはそれほどの大チャンスが潜んでいるのです。

   そして、時価総額1,000億円に到達したとき、私たちははじめて「インフラ事業」に参画できる挑戦権を得られると考えています。そうなったら、料理動画レシピサービス事業を中心に、さまざまなITインフラサービスを提供していくつもりです。現在の私の目標は、いくつかのインフラ事業を成功させ、いずれは日本を代表するインフラ企業、1兆円企業となることです。今回求めているのは、その夢を共に叶える仲間です。

   現在はビジネス・組織の急拡大期に入っており、ほぼ全職種で募集を行っている状態です。なかでも一番に求めているのは、「CFO」「トップレベルのエンジニア」「セールスマネジャー」です。いずれも数年後、1,000億円企業になったときに経営幹部の中核を担い、存分に活躍していただきたい人材です。

なぜ1兆円企業を目指すのですか?

   個人的な理由を言えば、東日本大震災の後、ソフトバンクの孫正義さんが個人で100億円を寄付したことが、私に大きな衝撃を与えました。当時大学生だった私は、その事実を知って、自分のちっぽけさを痛感したのです。世の中に大きな影響力を持ち、社会に大きく貢献するためには、自ら起業し、会社を大きくする必要があるのだと強く思いました。それ以来、起業家として、ものすごいインパクトを残すことを目標にするようになったのです。

   そもそも起業家は、たとえばスポーツ選手などと比べると、いまだに知名度も影響力も低いのが現状です。私はそれを打破したい。世界の誰もが知るようなビッグビジネスを創造し、世界と日本に大きな足跡を残し、起業家の地位を引き上げて、多くの子どもが起業家に憧れるような社会をつくりたい。私はそのためにdelyを立ち上げたのです。

   今回、料理動画レシピサービス事業にいち早く参入できたことは、その確かな第一歩になりました。ITビジネスは先行者優位で、先に参入したプレイヤーは大きな果実を得られます。繰り返しになりますが、今後私たちは、料理動画レシピサービス事業という巨大な空き地をものにしていき、時価総額1,000億円を目指します。それが達成できれば、1兆円企業という新たな目標が見えてくるでしょう。どちらも十分に可能なことだと考えています。その意味で、私たちdelyは今、インターネットの「歴史」を大きくひっくり返すチャンスをつかんでいるのです。ただし、このチャンスを最大限に活かすには、各部門に最上の人材が必要です。

グローバルで戦える「CFO」、ユーザ視点でサービスをグロースできる「エンジニア」
セールスメニューを自ら創造できる「セールスマネジャー」を一番に求めている

新たに入社する方にはどのような活躍を求めていますか?

   CFOには、何よりもグローバルで戦える能力を求めています。1,000億円企業、1兆円企業となるためには、自社のビジネスと業界・社会の状況を深く理解した上で、世界規模でM&Aなどに取り組み、ビジネスと企業をどのように大きくしていけばよいかを考えられる方が必要なのです。入社後は、まず1,000億円企業、1兆円企業への具体的な道筋を私と一緒に描いていただけたらと思います。

   エンジニアには、大きく2つの能力を求めています。1つは、「何かの領域で、dely内No.1の知識・スキルを持っていること」。UI/UX、Swift/Objective-C、プロジェクトマネジメント…。得意領域は何でもかまいません。誰にも負けない技術・ノウハウがある方に来ていただきたいと思っています。

   もう1つは、「ユーザ視点でサービスをグロースできること」。delyの競合優位性は、間違いなくエンジニアが生み出しています。エンジニアが、20代〜40代の女性にとって使いやすいサービス、嬉しいサービスをいかに素早く用意できるかが、delyの命運を握っていると言っても過言ではありません。圧倒的に優れたプロダクトを構築しない限り、1,000億円企業は夢のまた夢です。だからこそ、多種多様なデータを的確に分析し、ユーザ視点に立ってユーザが求めるものを次々に実現して、「KURASHIRU」を大きく育て上げていただけるエンジニアが必要なのです。そうしたエンジニアが集まれば、きっと数年以内に、日本人の何割かが常時使うような巨大プロダクトができ上がるはずです。多くの方に使われるプロダクトを、自らの手で創り上げたい方にぜひ来ていただきたいと思っています。

   セールスマネジャーに望むのは、単なる営業ではありません。何よりもまず、「セールスメニューの企画」をお願いしたいと思います。なぜなら、私たちが「KURASHIRU」を成功させる上では、モバイル動画市場の開拓が絶対に欠かせないからです。これは広告業界の方であれば熟知していることだろうと思いますが、テレビCMには効果測定が難しいという欠点があります。一方のインターネットは、多様なデータを取ったり、多岐にわたる領域とデータ連動を行ったりしやすいメディアです。この特性を最大限に活かし、主に食品業界に向けて、これまでにないデータを取得できる「画期的な動画広告」を生み出していただきたいのです。インターネットだからこそ実現できる小売店とのデータ連動や、広告・販促・販売戦略があるはずです。その戦略を練り上げ、セールスメニューを十分に創り上げた上で、チームで販売していっていただきたいと考えています。

どのような方を求めていますか?

   どの職種にも共通して必要としているのは、データを分析して課題を発見し、自らアクションを起こして仕事を生み出せる力です。また、自分の手で仕組みを創り上げていける力です。特にビジネスや組織がピンチに陥ったときに、率先して変革を推進していただける方だと嬉しいです。

   また、私が評価する上で重視しているのは「周りのために動けること」です。私は、組織や周囲のために献身的に行動する従業員を、積極的に登用するようにしています。特に今回求めている経営幹部や経営幹部候補の方々には、優れた部下や求心力の強いメンバーを積極的に引き上げ、その能力をおおいに認めていけるような器の大きさを求めたいと思います。そうでなくては、1,000億円企業、1兆円企業を率いる経営陣はとても務まらないでしょうから。

   それから、私たちは何よりも第一に「熱中する集団」です。ぜひその一員として、働くことを楽しみ、熱中していただけたらと思います。

最後に読者へメッセージをお願いします。

   新たに時価総額1,000億円に達する企業は、日本で数年に1社現れるかどうかです。私たちはそうなれるチャンスをつかんだのです。これほどの幸運は、そう簡単に訪れるものではありません。このチャンスの価値がわかる方に、思いきって飛び込んできていただけたらと思っています。私たちが今、ビジョンに掲げるのは「Make future, Make History」。一緒にインターネットの新たな歴史を創りませんか。

【delyの概要】
世界中にインパクトを与えるようなサービスを作ることを目標に日々邁進している。料理動画レシピサービス「KURASHIRU」で「70億人に1日3回の幸せを届ける」をミッションとし、日々事業に取り組んでいる。

設立:2014年4月
従業員数:60名

資本金:7億788万1,000円

dely株式会社 代表取締役 堀江裕介氏
慶應義塾大学在学中にdely株式会社を設立し、代表取締役に就任。数回のピボットを経て、2016年1月から料理動画メディア「KURASHIRU」を運営。2016年5月には、同サービスの月間動画再生数が1億回(料理動画に加えて、美容やライフスタイルなど別領域の動画本数も合算した数字)を突破した。

CFO

年収:応相談

勤務地東京
業種IT・インターネット > インターネットサービス
職種経営ボード > CFO

セールスマネジャー

年収:応相談

勤務地東京
業種IT・インターネット > インターネットサービス
職種経営ボード > CFO

webエンジニア/リードエンジニア

年収:応相談

勤務地東京
業種IT・インターネット > インターネットサービス
職種IT・インターネット > PM(WEB・オープン系)
IT・インターネット > SE(WEB・オープン系)
IT・インターネット > サーバエンジニア

担当ヘッドハンターの目線

高野秀敏氏 株式会社キープレイヤーズ 代表取締役

東北大学経済学部卒。1999年、株式会社インテリジェンス入社。人材紹介事業の立ち上げに携わり、転職サポート実績では、通算最多転職サポート実績№1を記録。マネジャー、人事部を経て、独立。2005年1月、株式会社キープレイヤーズを設立。スタートアップ、ベンチャー企業を中心に、「応援したい企業」と「応援したい個人」のマッチングを行う。また個人でエンジェル投資や社外取締役、顧問などの支援を行う。

堀江さんは、今、日本の20代で最もエッジの立った起業家だ
ここから先は、彼を支える人材こそがビジネスの成否を決める

   日本のスタートアップ界隈では堀江さんの評価が高く、20代で最もエッジの立った起業家だと言われています。普通なら実行しようと思わないようなビッグビジョンを掲げ、行動していることや、いち早く料理動画レシピサービスに目をつけて、ユーザ数を著しく伸ばしていることが注目を浴びています。また、堀江さんはこれまでに大胆な抜擢人事を何度も行っていますが、初期のサイバーエージェントや楽天もまったく同じことをしていました。こうした創業者がいる会社は、飛躍的に大きくなっていく可能性があると思います。個人的には、お会いするたびに堀江さんに鬼気迫るものを感じ、こういう方がこれから大きく羽ばたいていくのだろうと感心しています。

   ただ、ここから先は、周囲で堀江さんを支える人材こそが、ビジネスの成否を決めることになるでしょう。さまざまなスタートアップ企業を見てきましたが、勝ち残っている企業には必ず、経営幹部層に優秀な人材がいます。彼らの多くは創業期ではなく、急成長期に入社しています。ですから、現段階でdelyの価値に気づき、思いきって飛び込んだ方が、おそらく今後のdelyのキーパーソンとなるはずです。堀江さんと一緒に世の中にインパクトを与えたい、堀江さんと一緒に戦っていきたいと思う方のご応募をお待ちしています。

ページ先頭へ