ログイン

株式会社メタップス

2015年2月に、43億円の
資金調達を果たしたメタップスが、
「世界のメカニズムを変える仲間」を
多職種募集
2015年2月、IT業界では一つのニュースが話題になりました。メタップスが、日米のベンチャーキャピタルおよび事業会社、既存株主から43億円もの資金を調達したというのです。他にも、竹中平蔵氏の経営顧問就任、超小型人工衛星を使ったビッグデータ解析システムの共同研究など、話題には事欠かない同社ですが、その割には全貌があまり知られていません。そこで取締役CFO・山崎祐一郎氏に、メタップスの現在のビジネスと未来への展望、そして求める人材と人物像について伺いました。

0から1を創り出した。これからは、1を1000や10000にしていくフェーズ

メタップスは、どのようなビジネスをしているのでしょうか。

   一言でいえば、「アプリディベロッパーへの包括的サポート」が私たちの主なビジネスです。ネイティブアプリに絞ったビジネス展開が特徴で、ディベロッパーのアプリを広め、より大きな収益につなげるために必要なサービスを総合的に提供しています。その中心が「metaps」で、人口知能を活用した分析とマーケティングの自動化を中心に、アプリの集客・分析・収益化をワンストップで支援する開発者向けプラットフォームです。最近は、動画・イラスト制作やリアル広告なども請け負っており、アプリのプロモーションとマネタイズに関することなら何でもお手伝いが可能です。また、EC向けのマネタイズ支援の一環として、手数料無料、専門知識不要、最短1分で導入できる新しいオンライン決済サービス「SPIKE」も用意。アプリディベロッパーに対し、様々なデータを活用したコンサルティングサービスを提供しております。

グローバルへの展開は、どのように進めているのですか。

   メタップスは、設立当初からごく自然に世界を意識し、シンガポール拠点を皮切りにグローバル展開を進めてきました。その結果、metapsの導入アプリは世界12億ダウンロードを突破し、1億人のアプリユーザを支えるインフラに成長しています。また、現在は世界8カ国にオフィスがあり、13以上の国籍のメンバーが働き、5カ国語以上が社内で飛び交っています。8つのオフィスのほとんどがすでに軌道に乗っており、収益の海外比率は早くも60%に達しています。

先日発表された43億円の資金調達が話題になっていますが。

   今回の資金調達は、会社が新たなフェイズに入ってきたことの表れの一つに過ぎません。簡単にいえば、0から1を創り出したのがこの数年間でした。結果、おかげさまでビジネスは順調に軌道に乗っています。2015年以降は、これを一気に1000や10000に拡大する時期と位置づけています。具体的には、アプリの収益化プラットフォームであるmetapsのグローバルシェアを高めると共に、今後IoT社会の到来に向けよって、家、自動車、テレビなどあらゆるものへの横展開を進めていきます。このようなビジネス拡大のため、当然、世界中で数多くの人材を採用していくことになるでしょう。今回の募集は、その第一歩です。

“テクノロジーでお金の在り方を変える”という挑戦に、身を投じたい方へ

今回募集する方々と共に目指すのは、どのような目標でしょうか。

   私たちのミッションは“テクノロジーでお金の在り方を変える”というものです。私たちが最終的に目指すのは、世界No.1ではなく、さらにその先で世界のメカニズムを変えることなのです。大変な目標ですが、私たちは本気で目指しており、今は43億円の資金調達ができたことで目標に向けての大きな一歩が踏み出せそうだとワクワクしています。

   それから、“世界の頭脳になる”が、私たちのビジョンです。私たちは、この数年でIoTが急速に広まった後、近い将来にはロボット社会が訪れ、そこで世界の中心になるのはビッグデータ及びAI(人工知能)だろうと予測しています。そのとき、世界的なアプリインフラを築いている企業がビッグデータを手に入れられるはずです。私たちは、世界No.1のアプリ支援プラットフォームとなって潤沢なビッグデータを入手し、AIにより様々な経営判断をサポートします。また、昨年より、私たちはスペースシフト社とも協力して、超小型人工衛星を使ったビッグデータ解析システムの共同研究を始めましたが、これもビジョンを踏まえた挑戦の一環です。何よりも、このビジョンとミッションに心から共感していただける方を、仲間として迎えたいと思っています。

では、今回の募集について、もう少し詳しく教えてください。

   現在、私たちはエンジニアを中心に多種多様な人材を求めていますが、なかでも特に必要としているのが「経営企画部長候補」「Media Alliance戦略部長候補」「IR責任者」「本社戦略担当部長候補」の4職種です。これからは、例えばデータ集積チーム、データサイエンティストチーム、マネタイズチームといった形で組織化をどんどん進めていきますが、その第一段階でキーパーソンとなるのが上の4人と考えています。

   私たちは「自走してやり抜く人の集まり」であり続けたいと考えています。そのために、自分なりの長期的視野を持ち、明確な人生観のある方を採用したいと考えています。今のところ弊社に在籍するのは、個人事業主のように自ら考えて行動し、最後まで責任を持ってコミットする社員ばかりです。もちろん、新たに入社される方にも自走していただきます。挑戦したいことがあれば、手を挙げていただければ柔軟に対応します。社長の佐藤と気軽に話せる環境もありますから、直接アイデアを提案していただいてもかまいません。

   それから、弊社で働く上では、何事もグローバルな視野で考えるスタンスが欠かせません。海外との連携が重要ですから、英語でのコミュニケーション力も重要ポイントです。なお、採用は拠点ごとに現地で行っていますが、英語力が十分なら海外拠点で働いていただくことも可能です。

【メタップスの事業概要】
アプリの集客・分析・収益化をワンストップで支援する開発者向けプラットフォーム「metaps」、手数料無料、専門知識不要、最短1分で導入できる新しいオンライン決済サービス「SPIKE」を中心に、ビッグデータとAIを活用してあらゆるビジネスの自動化と効率化を支援。

創業:2007年9月3日
資本金:50億6368万円(資本準備金含む)

従業員数:100名(2015年3月現在)

株式会社メタップス 取締役CFO 山崎祐一郎氏
東京都生まれ。University of California, Berkeley 卒業。京都大学 経営管理大学院 卒業。2006年にドイツ証券株式会社に入社し、テレコムテクノロジー業界におけるM&A及び資金調達業務を行う。退職後、京都にてIT企業を創業し代表取締役に就任。2011年よりCFOとしてmetapsの事業立ち上げに参画し、3回の資金調達ラウンドを成功に導く。またグローバル8拠点を立ち上げ、事業基盤を構築

本社戦略担当部長

年収 : 800万円 ~ 1,200万円

勤務地 東京
業種 IT・インターネット > インターネットサービス
職種 経営企画・事業企画 > 事業企画・統括
経営企画・事業企画 > 経営企画・戦略
経営企画・事業企画 > 新規事業企画・立上げ

Alliance戦略部長候補

年収 : 800万円 ~ 1,200万円

勤務地 東京
業種 IT・インターネット > インターネットサービス
職種 経営企画・事業企画 > 事業企画・統括
経営企画・事業企画 > 新規事業企画・立上げ
経営企画・事業企画 > 業務企画

IR責任者

年収 : 800万円 ~ 1,200万円

勤務地 東京
業種 IT・インターネット > インターネットサービス
職種 管理 > IR

経営企画部長候補

年収 : 800万円 ~ 1,200万円

勤務地 東京
業種 IT・インターネット > インターネットサービス
職種 経営企画・事業企画 > 経営企画・戦略

担当ヘッドハンターの目線

高野 秀敏氏 株式会社キープレイヤーズ 代表取締役

東北大学経済学部卒。1999年、株式会社インテリジェンス入社。人材紹介事業の立ち上げに携わり、転職サポート実績では、通算最多転職サポート実績№1を記録。マネジャー、人事部を経て、独立。2005年1月、株式会社キープレイヤーズを設立。スタートアップ、ベンチャー企業を中心に、「応援したい企業」と「応援したい個人」のマッチングを行う。また個人でエンジェル投資や社外取締役、顧問などの支援を行う。

スケールの大きなビジョナリー・ベンチャーが、大勝負に出た

    日本のベンチャー企業の多くは、ニッチなビジネスを切り出して、専門特化してビジネスを軌道に乗せ、着々と成長企業を目指していきます。それが悪いということではまったくないのですが、メタップスはまったくの逆を行っており、社員全員で満塁ホームランを狙って大勝負に出ている印象があります。現在はまだまだ小ぶりの組織ですが、スケールの大きさでは日本でも抜群の1社ではないでしょうか。また、佐藤社長の打ち出す壮大なビジョンを皆で実現していく「ビジョナリー・ベンチャー」という意味でも、日本では極めて貴重な存在です。

    やはり、世界のメカニズムを変えるような大きな仕事に取り組みたい方、先が見えないことにワクワクできる方が向いているでしょう。企業としては成長期に入っているものの、安定を求める方、一定の職務をコツコツ行いたいといったタイプの方にはなかなかお勧めできない会社です。それにしても、43億円という巨額の資金を調達したにもかかわらず、まったく保守的にならず、攻めの姿勢を崩さない点は見事というほかありません。

ページ先頭へ