候補者の方と
企業の方との出会いを創出し、
予想を超えた
化学反応を起こしたい

岡田 麗さん
株式会社クライス&カンパニー
エグゼクティブコンサルタント

大学卒業後、大手家電系金融会社スタッフ職から就職情報誌会社へ営業職として転職。営業課長、営業部長を歴任した後、関連の人材斡旋会社の役員を経て、クライス&カンパニー入社。天性の明るさと前向きな性格が支持され、年齢性別を問わず内外にファン多数。キャリアだけではなく人物面にフォーカスしたマッチングが持ち味。得意領域は、30~40代のミドルリーダー層、コンサルタント出身者、事業企画、セールス、マーケティング人材。業界は、コンサルティング業界を含むサービス業界、消費財、小売、人事、組織系、企業など。GCDF資格取得、米国CTI認定CPCC(コーチ)資格取得。

私が介在することにより、企業の成長と新たな個人の可能性を生み出す

   あるとき、2年の職務ブランクがある50代前半の候補者の方とお会いしました。聞けば、本気で趣味の勉強をするため、2年間海外に行かれていたとのこと。大手商社、外資系企業で人事部長、経営企画ディレクターなどを経験されており、MBAもお持ちでした。実力は十分で強く印象に残る方でしたが、ブランクの影響もあり、適した案件がタイミングよくご提案できるかどうかは分かりませんでした。

   少し経って、経営戦略コンサルティング会社より相談が入りました。クライアントである外資系企業が、日本企業のM&Aを進めており、組織統合を実行し、M&Aを成功させる人事部長の適任者を探していて困っているというのです。早速、詳細を伺いに、自らその外資系企業の英国人社長とのアポイントを取り、会いに行きました。組織風土や考え方がまったく違う外資系企業と日系企業の大規模合併を成就させ、組織改革を推し進める必要がある。そのために優秀な人事部長を必要としている、という社長の話を聞いているうちに、あの候補者の方の顔が思い浮かび、「良い人がいます」とその場でプロフィールをご紹介しました。

   最初、社長は私の申し出に渋い顔をしていました。それもそのはずです。欲しい人材は人事のスペシャリストをイメージされていたからです。「彼は人事部長というより、経営人材ではないか」と社長。「確かにその通りです。しかし、今回の人事部長のミッションは大変なもので、酸いも甘いもかみ分けた人物でかつ経営やビジネス視点の高い方でなければ、とうてい務まらないのではないでしょうか」、と社長にお話しをして、一度お会いいただく約束を取りつけました。一方、候補者の方も、これまで働いてきた業界とまったく違う業界でしたし、人事部長のポジションだったため、乗り気ではありませんでした。私から「今回のポジションは、とても大きなチャンスです。必ずやご活躍いただけるはずです。」とこれまでの事例をもとに、そう確信する背景をご説明して、なんとか面接に行っていただくことになりました。

   二人は最初の面接で意気投合し、ほどなく採用が決定。ご入社された後は、大変なプロジェクトを社長と二人三脚で乗り切り、トントン拍子で出世されて、副社長、アジアパシフィック事業の責任者となられました。

あらゆる人のキャリアの記憶をベースに、「直感」を働かせている

   私が実現したいのは、この事例のように、候補者の方と企業の方を引き合わせることで、予想を超えた「化学反応」を起こすことです。これまでの成約では、たくさんの方の昇進、新会社の設立、IPOの実現など、さまざまな形で想定以上の化学反応が起きるのを目の当たりにしてきました。成長が加速でき、両者にとって幸せな化学反応が起きると感じれば、私はしつこく行動し、積極的に両者をおつなぎし、背中を押していきます。
もちろんもっと手堅いご紹介もしていますよ(笑。
ただせっかく私のところにいらっしゃったのだから、ご本人も気づいていない可能性をご提案したいのです。

   私は、周りからよく「直感の人」といわれます。確かに直感的に行動するところがありますが、そのベースには18年以上、数万人の採用のデータを脳内に蓄積して、脳内ビッグデータがあるからだと思っています。決定事例はもとより、あらゆる方のレジュメ、多種多様なキャリアのパターンや思いが頭に入っています。とはいえ、固定観念をいったん横に置き、すべての可能性をゼロから検討することもしばしばです。さまざまな見方、さまざまな可能性をお話しすると、候補者の方々は皆さん安心されるようです。

皆さんの元気な顔を見るとき、自分の存在の意味を感じる

   意思決定のご支援をする際にもう1つ大事にしていることは、ご紹介する案件にどのような困難、リスクがありうるか、どのような社風・組織でどのような歴史があるか、現在の会社の状況はどういったものか、入社する前にどのような心構え、準備をしたほうがよいかといったところまで、しっかりとご説明することです。このことについて話をしておくと、企業にとっても後々の候補者の方の評価のされ方にも影響が大きいため必ず行います。

   ご自身で意思決定をした後の候補者の方々は一様に元気で晴れ晴れとした表情になり、初めにお会いしたときとは別人のようになられます。そのような元気なお顔を拝見できたとき、自分が候補者の方と企業の方の間に存在する意味を感じます。私の予想を超える出会いを提供できていたら、なおさら嬉しいです。このような私でよろしければ、ぜひ一度、クライス&カンパニーへ会いに来てください。転職活動において私を上手に使っていただけたらと思います。お会いできることを楽しみにしています。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)厳選ヘッドハンターに相談することができます。

このヘッドハンターに相談する
メールマガジンを受け取る
企業特集転職者へのインタビューなど、効率的に情報収集したい方には週1回のメールマガジンがオススメです。