コンサルファーム業界を強みに、
数多くの成功事例を構築。
人生に寄り添う存在でありたいから、
長期的なお付き合いを大切にしています。

中野 陵さん
アスパイア株式会社

大学卒業後、東証1部上場のサービス会社に入社し、営業部門に配属され3年間勤務。営業部門ではトップクラスの営業成績をあげ、優秀営業賞など様々な賞を受賞する。営業経験を通じて、4大経営資源である「人」、「物」、「金」、「情報」の中でも特に「人」に最も関心をもつようになり、人材業界への転職を決意。「経営戦略を実現し企業価値を高める源泉は人材である」との経営理念に共感し、Human Capital Managementを展開するアスパイアに入社。以来8年にわたり、コンサルファーム業界を主に担当している。

コンサルファーム業界を8年間担当し、トップクラスのヒューマンネットワークを構築。

   東証1部のサービス会社で営業としてキャリアをスタートさせました。営業部門ではトップクラスの営業成績をあげることができ、1年目には新人賞、2年目・3年目には優秀営業賞など受賞。次の成長の場を求めたとき、興味を持ったのが人材業界でした。4大経営資源である「人」、「物」、「金」、「情報」の内、企業の成長に大きく左右するのは「人」であると、営業経験を通じて感じていたからです。

   企業と転職者のマッチングができる仕事を探し、いくつかの人材エージェント会社から内定をいただいた中で入社を決めたのが、現在のアスパイア株式会社。「経営戦略を実現し企業価値を高める源泉は人材である」という経営理念に共感したことに加え、社長である冨永との面接で大きな衝撃を受けたからです。3時間くらいかけて熱心に私について聞かれ、自分というものが丸裸になったような気持ちで、面接が終わったときには放心状態でした。これまで見えていなかった自分が見えただけでなく、今後のキャリアについても考える良い機会になり、この人のもとで、私自身も誰かに影響を与えられる存在になれれば、と思ったのが入社のきっかけです。

   それ以来、エグゼクティブな案件で圧倒的な実績を誇るアスパイアで、『コンサルファーム業界』や『ITインターネット業界』を主に担当してきました。この8年間で、世界を代表する外資系コンサルファームから日系の一流コンサルファームまでお付き合いさせていただき、その中でパートナーや人事部と築いた幅広い堅固な信頼関係が私自身の最大の強みです。

お会いした転職希望者とは、長期的なお付き合いをさせていただくことがほとんどです。

   私がこだわっているのは、納得するためには何回でもお会いするということ。週1、ときには毎日のようにお会いするケースもあります。ですから、仕事を超えて一人の人としてお話しさせていただくこともありますし、長期的なお付き合いになることがほとんどです。私自身はこの仕事を始めて8年になりますので、この間に同じ方の次のステップとしての再転職をサポートさせていただいたこともあります。また、これは個人的なことですが、必ずランチはどなたかとご一緒させていただくと決めており、こういったことも長期的なお付き合いにつながっているのではないかと思います。

   豊富なヒューマンネットワークはもちろんのこと、業界知識や各社の企業情報にはかなり精通していると自負しています。ご存知かと思いますが、コンサルファーム業界では、各社の多様化が進んでいます。企業理念・ミッション、固有の歴史・企業風土・組織、トップの人物像・人柄といった各社が持つDNAも異なりますし、最近の動向や今後の事業戦略、募集職種の業務内容や応募要件・業務経験、理想とする人材像など、かなり詳細な情報までキャッチアップすることに注力しています。各社の多角的な特徴を踏まえることで、転職希望者のキャリアや能力のみならず、キャリアビジョンやパーソナリティも勘案した最適なマッチングを行う。それこそが内定の角度が格段に高いと評価いただけている理由です。

   成功事例の一つをご紹介します。外資系コンサルファームのITコンサルタントの方からのご相談で、事業会社に行きたいというご要望でした。そこから毎日のようにお会いさせていただくうちに、「デリバリーしかやってこなかったので、マーケット側でビジネスを創ることがしたい」というのが本当の理由で、それを実現するための方法として事業会社を検討されていることがわかったのです。そこで、このまま転職されれば、ポテンシャルからのスタートになること。コンサルファーム業界の中でセールス側も経験することで、その先に事業会社に行ったとき、高いポジションから始められることを説明しました。ちょうど別の外資系コンサルファームでぴったりのポジションをご紹介でき、今でもご活躍されています。40代までにパートナーを目指されており、待遇面でもかなりあがったようです。「あのとき事業会社に行かなくてよかった。中野さんのおかげで新しいキャリアの方向性を見つけられた。」という言葉をいただいたときは嬉しかったですね。

情報収集だけしたいという方、結果的に動かないという選択肢でも構いません。

   先ほどもお伝えしたように、コンサルファーム業界は現在目まぐるしく変化が起きています。最近特に増えているのが、エネルギー業界×通信業界、ハイテク業界×医療業界といった業界横断型のプロジェクト。まさに立ち上げのタイミングの時期であることから、これらに携わっておくことは、たとえば将来、事業会社に行く際にも非常に価値のある経験になります。

   あとは、やはりグローバル案件。日本企業の海外進出を支援するプロジェクトなどは、事業会社で活かせるため人気もあります。コンサルファームでキャリアを積んでいく上でも、グローバル案件の経験の有無が、コンサルタントとしての市場価値に影響を与えていくことになるのではないかと思います。ただ、グローバル案件といっても様々で、実態として、どれだけ海外に行ける機会があるのか、出張ではなく海外勤務の可能性もあるのか、英語力がない方でもチャンスがあるのか等、ご相談いただければ、そんな情報もお伝えできるはずです。

   基本的に私は無理やり「押す」といったことはしません。だからこそ2~3年じっくりお付き合いさせていただいた上で、ご決断につながるケースもありますし、また、転職相談を受けた方が別の方に「一度話を聞いてみたら」とご紹介いただくケースも多く、これは私にとって非常に嬉しいことです。情報収集だけしたい、今後のキャリアについて少し悩みがある、という方でも構いませんし、結果的に転職しないという選択肢でもよいと私は思っています。何よりも出会いを大切にし、私とお話しさせていただいたことで、新たなキャリアを検討する一つのきっかけになれば幸いです。そして、人生に寄り添う存在として、長期的なお付き合いをさせていただければ嬉しい限りです。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)厳選ヘッドハンターに相談することができます。

このヘッドハンターに相談する
メールマガジンを受け取る
企業特集転職者へのインタビューなど、効率的に情報収集したい方には週1回のメールマガジンがオススメです。