ログイン

転職事例紹介 Vol.02

小黒力也さんインターウォーズ株式会社
シニアアソシエイト

×

Aさん (37歳)Webサービス会社
事業部長

自ら立ち上げた会社を畳むことになり、心機一転企業で働くことを決意。新規事業立ち上げの経験を活かせ、かつ「安定した組織で安心して働きたい」との想いを叶える

じっくり話を聞き、自分の想いと向き合ってくれるヘッドハンターに信頼感

大手IT関連会社出身のAさんは、5年前にネット関連企業を創業。経営自体は順調だったが、知り合いのトラブルに巻き込まれて大きな負債を抱え、今年の春に急きょ会社を畳むことになってしまった。そこで心機一転、再び事業会社で会社員として働くことを決意する。

「今回のことを前向きに捉え、次は自社ではできなかったことをやろうと考えました。自分の想いとじっくり向き合い、規模の大きな会社で、よりスケールの大きな仕事に携わりたいと考えるように。ジャンルは問わず、自社サービスを持っていて、それをさらに大きくしようと考えている会社、もしくは新規事業の立ち上げに関われる会社を探しました」

エグゼクティブ向けの転職サイトに登録し、数社の面接を受けたが、社長面接まで進み内定直前だった会社から不採用の通知が。慌てて転職手段を広げるために、キャリアカーバーに登録した。「多くのヘッドハンターに会える可能性があるし、非公開の求人にこちらからアプローチできるのも魅力に感じた」という。

すぐに5~6社のヘッドハンターから声がかかった。一番早かったのが、インターウォーズの小黒さんからのアプローチだったという。
「まずはお会いしてみようとオフィスに足を運びましたが、今までのキャリアのこと、会社を畳んだ理由、これから実現したいキャリアなど、親身になってじっくり話を聞いてくれたのが嬉しかったですね。私の想い一つひとつに真摯に向き合おうとする姿勢に信頼できる雰囲気を感じ、いつのまにか包み隠さずいろいろなことを話していました」

企業トップとの雑談から課題を発見、「Aさんがぴったりだ」と確信

小黒さんがAさんにアプローチしたのは、Aさんが「キャリアカーバー」に掲載されていた大手Webサービス会社B社の「新規事業企画担当者」の求人に応募したのがきっかけだった。
Aさんの経歴を見た途端すぐに、「B社にぴったりだ」と感じたという。B社とは長年の付き合いがあり、「新しい事業の可能性を自由に考え、自ら一から立ち上げることができる人が欲しい」と聞いていたことを思い出したのだ。起業した会社で新しいビジネスをいくつも立ち上げた経験を持つAさんは、まさにうってつけだった。

「私は求職者の方とお会いする時、『今後どうしたいか』をじっくり聞き出すよう心掛けています。その方の経歴を活かしていただくのはもちろん大切ですが、“想い”を叶えられるマッチングが求職者にとっても企業にとっても幸せなことだと思うからです。Aさんの話をじっくりお伺いする中で、『新規事業の立ち上げで力を発揮し、社会に広く影響を与えたい』という想いに触れ、ますますB社にピッタリだと感じました。Aさんの、“打てば響く”ようなコミュニケーション力の高さにも惹かれましたね」
「一方でAさんは、前職でのトラブル経験から、『安定した環境で安心して働きたい』『信頼できる人と一緒に働きたい』という、組織や環境への希望も強かった。B社は事業基盤もしっかりしていて、新規事業に打って出る体力も十分にあるうえ、社長は40代前半という若さ。非常に誠実でフランクな方でもあり、Aさんに自信を持ってお勧めできる求人案件だと確信しました」

その後はとんとん拍子。この2日後にはB社の面接が行われ、10日以内には内定が出たという。このスピード感がありがたかったと、Aさんは話す。 「家族との生活もあり、一刻も早く就職先を決めたかったので、ここまでスピード感を持って動いていただけたことに本当に感謝しています。他社のヘッドハンターにも何人か話を聞きましたが、インターウォーズさんが一番私の生活にも親身になって下さり、フットワークよく動いて下さったので、『ここで決めたい』と思いました。実は、もう1社、急成長中のベンチャー企業の話も進んでいたのですが、B社の社長が実に親身に話を聞いてくれ、前職でのトラブルも気遣って下さり、『この社長の下ならば安心して働ける』と確信し、転職を決めました。小黒さんが、事前に私の経歴を社長にじっくり伝えて下さったから、ここまでスムーズに、B社と想いが共有できたのだと思っています」

客観的なアドバイス、信頼できる企業情報――いいヘッドハンターに出会えてよかった

この11月から、Aさんは新天地B社で新規事業の立ち上げ責任者として活躍している。社長直下の組織で、どんどんアイディアを生み出し、トップと自由に意見交換もできる。Aさんがまさに求めていた環境だ。

「転職活動を始めた当初は、なかなかうまく進まず焦ることが多く、自ら立ち上げた会社をトラブルで畳んでいるという経験がネガティブに捉えられているのでは?と不安になったこともありました。でも、小黒さんというヘッドハンターに出会い、じっくり話を聞いていただくことができ、私の可能性を客観的に見て『合う』と思われる求人案件を紹介して下さって、非常に安心感を覚えましたね。企業側にもしっかり入り込み、内部事情まで分かっている方の言葉には信頼感があり、新たなステージに迷いなく飛び込むことができました。社長からは期待もされているし、自分も早く貢献したい思いでいっぱい。会社の成長につながり、皆がワクワクできるような、新しいサービスをこの手で生みだしたいという意欲に燃えています」(Aさん)

今回のマッチングを振り返り、小黒さんは「Aさんにとってピッタリの環境をご案内できた事、自分を信頼し課題を相談してくれたB社社長の期待に応えられた事が本当によかった。Aさんとは絶妙なタイミングで会う事ができた」と話す。

「B社に限らず、企業に話を聞く際は、できるだけ内部にまで入り込み、複数のキーマンに話を聞くように心がけています。それが、より企業の成長につながるベストな人材採用につながりますし、緻密で詳細な情報は求職者の方の理解向上と信頼感にもつながるからです。今回のマッチングは、まさに私の信条が活かされた事例。このような機会に関われて、とても嬉しく思っています」

「我々の役割は、マッチングさせたら終わり、ではありません。企業の成長に貢献できる方のご入社により業績が上がれば、さらに新たな雇用が必要になる。“企業の成長を支え、雇用を生み出す仕掛け人”として、これからも存在価値を発揮し続けたいと思っています」

あなたも、このヘッドハンターに相談してみませんか?

このヘッドハンターに相談する
メールマガジンを受け取る
企業特集転職者へのインタビューなど、効率的に情報収集したい方には週1回のメールマガジンがオススメです。