リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

社会課題の解決に挑戦し続けてきた【ベネッセコーポレーション】が、次世代の「よく生きる」をともに実現していくDX人財を積極採用中

ベネッセコーポレーションが、企業理念であるBenesse=よく生きるを実現し、自ら学びつづけるDX人財を多職種で募集・積極採用している。ベネッセグループのDXはいまどの地点にあり、なぜ多様な人財を求めているのか。ベネッセグループのDXの面白みや魅力や特徴はどこにあるのか。どのような人財を必要としているのか。橋本英知氏( 写真右/株式会社ベネッセホールディングス執行役員 CDO 兼グループDX戦略本部長/株式会社ベネッセコーポレーション 取締役)に詳しく伺った。

「進研ゼミ」のデジタル化、社会人向け「Udemy」、教育プラットフォーム「Classi」など各種サービスのDXはすでに進んでおり「DX銘柄2021」にも選定。
今後さらにDX化を加速させるために多様な人財を募集

ベネッセグループのDXの全体像を教えてください。

ベネッセと聞くとまず最初に想起するのは、「進研ゼミ」かもしれません。確かに「進研ゼミ」は、ベネッセコーポレーションの中核事業の一つですが、現在の私たちはそれだけではなく、「教育の全方位」であらゆるお客様に対して事業を展開しています。また教育事業のみならず、妊娠・出産・育児などの生活領域、さらにはベネッセグループに視野を広げると、介護・保育など人生のあらゆるステージにいらっしゃるお客様へのサービス提供を行っています。

ベネッセグループでは、これまでも企業理念である「よく生きる」を実現するため、デジタルテクノロジーを活用した提供価値の向上に長年取り組んできましたが、これまで以上にDXを推進していくために、2021年春よりDigital Innovation Partners(DIP)という新組織を社長直下に設立。CDO(Chief Digital Officer)を配置し、デジタル部門、IT部門、人財育成部門、DX推進のためのコンサル部門を統合させることで、中期経営計画の実現を牽引しています。そのコンサル部門には、社内のスペシャリストを招集し、各事業部門・グループ会社のDXのプロジェクトに参画してもらっています。言い換えれば、デジタルの専門性が高い方は、ベネッセグループのあらゆるDXプロジェクトに関われるチャンスがある、ということです。

こうしたデジタル技術の活用の戦略とその実現のための事業の取り組み、組織変革・制度変革などが評価され、2021年5 月には、経済産業省の「DX認定事業者」に選定され、さらに2021年6月には経済産業省・東京証券取引所が選出した「DX銘柄2021」28社のうちの1社に選定されました。しかし、更にDXを加速させる必要があり、多様な人財を常に求めています。

ベネッセロゴ

最新のデジタルサービスについて教えてください。

「進研ゼミ」はデジタル化がかなり進んでおり、小学講座・中学講座では、学習専用タブレットで学ぶことができます。年50万台、累計で300万台を提供しており、タブレットで学ぶ小・中学生の割合が年々増えています。「赤ペン先生」もデジタル化し、早ければ解答の翌日には赤ペン添削を返せるようになりました。赤ペン先生が生徒の他教材の学習履歴を確認できるようになったため、より立体的な添削指導ができるようにもなっています。また、高校講座ではスマートフォンでの学習も浸透しており、AI技術を活用した「AI StLike」は日本e-Learning大賞も受賞しています。

一方、BtoB事業である学校向けサービスにも力を入れています。「Classi」は、学校ICT化を多角的にサポートする教育プラットフォームで、全国の高校の約6割(2020年10月時点)に導入いただいており、先生と生徒との円滑なコミュニケーションや、アクティブラーニングやアダプティブラーニングの実現を支援しています。小中学校向けには、基礎学力の向上から、「主体的・対話的で深い学び」の支援、学習データの蓄積や効果検証までの一連の流れを全て実現することを目的にしたタブレット学習ソフト「ミライシード」を提供しており、1人1台端末と高速ネットワークを整備するGIGAスクール構想において、デジタル学習実現の支援を行っています。

最後に、社会人向けに、オンライン学習プラットフォーム「Udemy for Business」を展開しています。「Udemy」で公開されている15.5万の講座の中から、日本の利用者向けに厳選した約5,000講座(2021年8月現在)をサブスクリプションで利用できる教育サービスです。「働き方改革」や「生産性向上」の課題解決や「DX人財育成」のため、特に昨今の新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワーク中でも社員がニーズに合ったスキルを習得できる“自律学習のプラットフォーム”として、多くの国内企業様に利用いただいています。

以上、代表例としてご説明させていただきましたが、上記以外にも「たまひよ」「こどもちゃれんじ」でもデジタルサービスを提供しています。また、介護現場における情報の記録・共有のサポートとその情報から気付きを促す「サービスナビゲーションシステム」など、多種多様なDXを推進しています。

DXをどのように進めているのでしょうか?

私たちは、DXを大きく「デジタルシフト」「インテグレーション」「ディスラプション」の3フェイズに分けて、事業状況に合わせたリアリティのある活動を推進しています。

デジタルシフトはサービス・業務プロセスを段階的にデジタル化し、品質・生産性向上を行うこと。既存のサービスをデジタル化していくフェイズがこれに該当します。

インテグレーションは、オフライン・オンラインなど手段を問わず、お客様本位でのサービス提供をすること。例えば、「進研ゼミ」ではタブレットでの学習データを活用することで、一人ひとりに最適化した学習の提案や、人による指導価値の最大化を図ることができています。

ディスラプションはいわゆる破壊的イノベーションです。私たちが新たなサービスを立ち上げる際は、ディスラプションを意識して取り組みます。「Udemy for Business」などがその事例です。今後はディスラプションの取り組みも増えていくと思います。

事業・サービスによってDXのフェイズが異なるため、デジタルの専門性の高い方にはさまざまなプロジェクトに関わっていただく可能性があります。あるサービスでの成功事例やノウハウ・テクノロジーを他のサービスに応用する「横展開」も積極的に進めていきたいと考えています。

橋本英知氏

スキルシフト・キャリアシフトしながら中長期的に活躍できる職場
「社会やお客様の課題解決」に興味がある方に選んでいただきたい

新たに入社する方にはどのような活躍を求めていますか?

社名のベネッセは、ラテン語を語源とする造語「Benesse=bene(よく)+esse(生きる)」で、理念にもなっています。私たちはお客様の「よく生きる」を実現するための手段の一つとしてDXを推進しており、事業を通じた「社会課題解決」に向けて活動しています。

たとえば、文部科学省が2019年12月に打ち出した「GIGAスクール構想」は、新型コロナウイルスの影響もあり、2020年度中に全国ほぼすべての自治体で児童生徒1人1台端末の導入が完了しました。しかし、端末が児童生徒の手元に行きわたった後、どのように授業や自宅学習で利用していくかなどの課題が残されます。当社では、デジタル技術を活かした学びの提供だけでなく、学校の教育現場でのICT活用の支援までを提供しています。IT機器の操作だけでなく、ICTを活用した教材・指導案作成の支援までを行うことが「子どもたちの学びの質を高める」という課題を解決する有力な方法だからです。
新たに入社いただく方にも、社会やお客様の課題に向き合い解決するためにDXを推進していただきたいと思います。少子高齢化・地域格差などに伴う課題に対して、我々がこれまで蓄積してきた実績やノウハウを活かして解決できる課題は数多くあると考えています。

また、新たな仲間には「中長期的な活躍」を期待しています。社会課題を解決するためにはある程度の時間を要するため、腰を据えて取り組んでいただきたいと考えています。その中で新たなチャレンジもしていただきたいと思います。当社には多様な事業体やビジネスが揃っていますし、ベネッセコーポレーション社内やベネッセグループでの公募制度などもありますので、社内でのキャリアシフト・スキルシフトも可能です。ゆくゆくは、入社時と異なる事業や職種に移っていただく選択肢もありえるでしょう。社会や会社の変化にも合わせながら、ぜひご自身も変わっていってください。その変化の過程を同僚や組織と共有し、楽しみながら働き続けていただくことを期待しています。

なお、当社は事業会社なので、いいアイディアを出すことや、PoCに成功しただけでは不十分で、それを実現するところまでが重要です。ただし、実現のためにはさまざまな”制約”が発生することがあります。新たに入社する方には、こうした制約をどう乗り越えるかを一緒に楽しんで取り組んでいただきたいと考えています。なぜなら、制約が新たなアイディアを生み、ブレークスルーにつながることが少なくないからです。それを会社や事業・サービス、自分自身の成長機会と捉えるような働き方をしていただくことを期待しています。

 

どのような方を求めていますか?

「学びつづける姿勢」と「バイタリティ」がある方です。私が知る限り、ハイパフォーマンス人財はどの職種でも全員、自己学習を続けています。成長意欲を持ち、学びつづける姿勢を持つ方を採用したいと、常に思っています。加えて、困難を乗り切るときや、一から学び始めるようなときには、バイタリティが欠かせません。この2つがあれば、未知のことにも果敢にチャレンジできるはずです。

スキル面でいえば、本当に多種多様なデジタルスキルを持った方を求めています。グループ内DX推進のための新たな組織体制が整ったこともあり、かなり尖った専門性をお持ちの方であっても、社内で活躍の場をご用意できるようになってきています。

今は、全業界・全業種でDX人財を必要としています。だからこそ、みなさんには、企業の存在意義(パーパス)や、事業・商品に興味を持てるかどうかで選んでいただきたい、と思います。社会課題の解決に地道に取り組みたい、という方は、ベネッセを選んでいただけたら嬉しいです。

橋本英知氏 新納裕行氏

ベネッセコーポレーションの概要

ベネッセグループで『教育・生活』領域を担う中核事業会社です。国内教育事業のリーディングカンパニーとして、家庭・個人向けの通信教育事業、学校向け事業や、塾事業、生活領域事業など幅広く展開。一人ひとりの「よく生きる」の実現というベネッセグループの理念のもと、社会課題解決の支援をしています。

  • 創業:1955年1月28日
  • 従業員数:グループ連結19,456人(2021年3月31日現在)
  • 資本金:30億円
  • 売上高:グループ連結4,275億31百万円(2021年3月期)

株式会社ベネッセコーポレーション 取締役 橋本英知氏(株式会社ベネッセホールディングス 執行役員 CDO 兼グループDX戦略本部長)大学卒業後、ベネッセコーポレーションに入社。入社後は、セールスプロモーションツールの企画・制作、新商品開発、新規事業開発、経営企画、CMO補佐などに幅広く従事。こどもちゃれんじ事業、英語教育事業の責任者を経て、現在はベネッセホールディングスCDOと、ベネッセコーポレーション校外学習事業の副カンバニー長を務める。ダイレクトマーケティング、ブランド、CRM、デジタルトランスフォーメーション、人財開発領域の講演・寄稿など多数。

  • プロジェクトマネージャー

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    人材・研修・教育 > 教育
    職種 IT技術職 > プロジェクトマネージャー(WEB・オープン系)
  • スクラムマスター

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    人材・研修・教育 > 教育
    職種 IT技術職 > 自社パッケージ・自社製品開発
    IT技術職 > プロジェクトマネージャー(WEB・オープン系)
    IT技術職 > アプリケーションエンジニア(WEB・オープン系)
  • システムエンジニア

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス
    マスコミ・メディア > 広告・PR 人材・研修・教育 > 教育
    職種 IT技術職 > 自社パッケージ・自社製品開発
    IT技術職 > アプリケーションエンジニア(WEB・オープン系)
    IT技術職 > スマートフォンアプリエンジニア
  • ITアーキテクト

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    人材・研修・教育 > 教育
    職種 IT技術職 > 情報システム・社内SE
    IT技術職 > その他(ローカリゼーション・QA等)
  • データサイエンティスト/「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」校外学習領域

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス マスコミ・メディア > 広告・PR
    人材・研修・教育 > 教育
    職種 マーケティング > リサーチ・データ分析
    IT技術職 > データサイエンティスト
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)コンサルタント/データ分析・活用

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    人材・研修・教育 > 教育
    職種 マーケティング > リサーチ・データ分析
    コンサルタント > 業務プロセスコンサルタント
    コンサルタント > マーケティングコンサルタント
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)コンサルタント候補/デジタルマーケティング領域

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    人材・研修・教育 > 教育
    職種 マーケティング > Web広告運用・SEO・CRM
    コンサルタント > 業務プロセスコンサルタント
    コンサルタント > マーケティングコンサルタント
  • デジタルマーケティング

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    人材・研修・教育 > 教育
    職種 マーケティング > リサーチ・データ分析
    マーケティング > 販促
    マーケティング > Web広告運用・SEO・CRM
  • 「進研ゼミ」デジタルサービス企画

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    人材・研修・教育 > 教育
    職種 マーケティング > 商品企画・開発
    Webサービス・制作 > Webプロデューサー・ディレクター
    Webサービス・制作 > プロダクトマネージャー
  • 【こどもちゃれんじ】デジタルサービスの企画・開発ディレクター

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > インターネットサービス
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    人材・研修・教育 > 教育
    職種 マーケティング > 商品企画・開発
    IT技術職 > プロジェクトマネージャー(WEB・オープン系)
    Webサービス・制作 > Webプロデューサー・ディレクター

担当ヘッドハンターの目線

新納裕行氏

新納 裕行 氏
株式会社リクルート ハイキャリアコンサルタント

人材紹介会社ベンチャーにて法人営業、キャリアアドバイザーの両面を5年担当したのちに、同社のマーケティング責任者として従事。延べ1,000名を超える方々の転職支援に携わる。その後、リク ルートキャリア(現リクルート)に入社し、IT・インターネット業界を担当。ネット系職種の方々の転職 支援と、ネット系サービスを提供する企業様の採用支援を担当しております。

「よく生きる」の支援実現に向けて、教育と介護などの領域で課題解決にチャレンジできる環境がここにはある

ベネッセグループでは、妊娠出産・保育・教育・介護など、人生のあらゆるステージにいらっしゃるお客様へのサービス提供を行っており、DXを進められています。中でもベネッセコーポレーションでは、個人向けに「進研ゼミ」のデジタルサービスや、「Udemy」など社会人向けの教育事業を展開。一方で、公教育においては、学校向けにオンラインで学生と先生のコミュニケーションを円滑にし、学習促進を支援するデジタルツールも展開しています。まさに「教育の全方位」で事業を展開されており、教育業界No.1の企業としての常に挑戦し続ける姿勢を強く感じることができました。全国のお子様やご家庭、そして学校法人との強固なネットワークや信頼をベースに、これまで以上に顧客志向を重視した事業展開が楽しみです。

また、ベネッセコーポレーションにおけるサービスそれぞれのDXを進めているだけではなく、グループ内DX推進のための新たな体制(Digital Innovation Partners)を2021年春に設置し、介護領域も含めたベネッセグループ全体のDX支援も行う体制を構築されたことから、グループをあげてのDX推進の本気度もうかがえます。

幅広く社会やお客様の課題解決に興味がある方、変革真っただ中のベネッセグループでこれまでのご経験を活かしていただくにはぴったりではないでしょうか。