博報堂がマーケティングシステムをプロデュースする要員を募集。特徴は「生活者発想」と「クライアントの対等な関係」

博報堂が「マーケティングシステムプロデュース要員」を募集している。なぜいま博報堂がマーケティングシステムを扱うのか。マーケティングシステムプロデュース要員とは、いったいどのような職種なのか。どういった人材が求められているのか。マーケティングシステムコンサルティング局・エグゼキューションデザイン部長の田村耕人氏(写真左)と、同局のストラテジックプラニングディレクター 黒田真樹氏(写真中央)にお話を伺った。

「サービスの質」「クリエイティブの質」
そして何よりも人を動かす「感動の質」で勝負できる。それが博報堂の大きな強み

なぜいま博報堂がマーケティングシステムプロデュース要員を募集しているのですか?

田村:社会が大きく変化する時代に、博報堂も大きく変わろうとしています。これからの博報堂は広告を超えて、クリエイティビティで生活や社会、事業構造の変革に寄与するような新しい価値を提供する会社になっていきます。特に私たちが注目しているのが、デジタル化によって生まれる新たな社会の仕組み「生活者インターフェース市場」です。博報堂は、単なる広告会社ではなく、持ち前のクリエイティビティによって、生活者インターフェース市場にどう貢献するかを考える集団に変わりつつあるのです。

私たちが所属する「マーケティングシステムコンサルティング局」も、博報堂が新しい領域にチャレンジするために作られた部署です。私たちは例えば、お客様企業のマーケティング領域のデジタルトランスフォーメーションに取り組んだり、デジタルを絡めた新サービスを立ち上げたりするお手伝いをしています。

中途入社メンバーも多く、実際に私も黒田もキャリア入社組です。コンサルティングファーム、事業会社、広告会社、SIベンダーなど、さまざまなところからやってきたメンバーが活躍しています。職種も多様で、ディレクター、コンサルタント、UXプランナー、デザイナー、プロジェクトマネジャーなどが集い、いくつものプロジェクトを同時並行で動かしています。

マーケティングシステムプロデューサーの具体的な役割は、お客様と話し合いながら、デジタルトランスフォーメーションや新サービス立ち上げなどを実現すべく、社内外のさまざまなプロフェッショナルと協働してプロジェクトを推進していくことです。

博報堂

戦略系コンサルティングファームとの違い・強みは何ですか?

黒田:実際に私は、新サービス提案のコンペで、何度か博報堂と競合することがありました。そのうち、ライバルである博報堂の強みに気づき、入社したいと考えるようになったのです。

入社して驚いたのは、自分がすぐにチームに馴染めたことです。適応にもっと時間がかかると思っていたのですが、あっという間に溶け込めました。なぜなら、プロジェクトの進め方やチームワークの組み方などは、基本的にはコンサルティングファームと変わらないからです。ファーム出身者の多くはおそらく同じように感じるはずです。

それから、スムーズかつスピーディーに提案が形になったことにも驚いています。入社して約1年ですが、すでにいま私の担当するプロジェクトで、ある小売店のお客様のデジタルトランスフォーメーションが形になろうとしています。私は事業戦略立案から関わり始めたのですが、現在、その事業戦略を体現した生活者とのコミュニケーションプラットフォームが一部稼働しています。博報堂の強みである構想力と実装・実行力で事業変革を実現したプロジェクト事例であるといえます。

一方で、コンサルティングファームと大きく違うのは、第一に、「生活者発想の膨大なノウハウ・データ」の蓄積があることです。私たちはそれをベースに、いつも生活者視点で経営資源の有効活用、あるいは変革を提案することができる。これは博報堂にしかない特徴でしょう。そのことを知っているお客様は、私たちに生活者発想を強く期待しています。だからこそ、多くのお客様が博報堂をパートナーと考えていただいているのでしょう。

第二に、「クライアントと対等な視点で接する」ことができる点です。博報堂ではクライアントの皆さんとの距離がより近くなり、より対等になりました。いまは、クライアントの「協働者」として働いている感覚があります。

第三に、局内にデザイナーが在籍し、プロジェクトに参加していることです。彼らは、コンセプトをもとに優れたキービジュアルを制作し、事業戦略やストーリーを見事にビジュアライズしてくれます。彼らの創ったキービジュアルを見ているだけで、私たちもクライアントも、生活者を動かせる感じがしてくるから不思議です。こうした専門家がいるのも博報堂ならではだと思います。

田村:付け加えると、社内のあらゆる専門家と協働することが可能です。実際、マスメディアの活用などと連動したプロジェクトも珍しくありません。その場合は社内外の専門チームとタッグを組んで動きます。これは、私たちが博報堂という組織の中にいる大きなメリットです。

黒田:生活者発想のノウハウ・データと多様なプロフェッショナルの後押しを受けて、「サービスの質」「クリエイティブの質」、そして何よりも人を動かす「感動の質」で勝負できる。それこそが、博報堂マーケティングシステムコンサルティング局の大きな強みだと感じています。クライアントの課題やニーズに応えることはもちろんのこと、お客様の継続的な成長機会や市場を創り出す集団であると考えています。

田村耕人氏

さまざまな方との協働を前向きに楽しみ
自分の考えをはっきりと表現できる方に向いている

新たに入社する方にどのような活躍を期待していますか?

田村:その方の得意分野を活かしていただきたいと思っています。たとえば、コンサルタント出身の黒田は、クライアントの経営企画や事業部門とのコミュニケーションが得意で、頼りになっています。またシステム領域の経験が豊富なメンバーは、情報システム部門との交渉を得意としています。そうやって、それぞれが自分のスキルを活かし、お互いを助け合いながらプロジェクトを進めています。

それから、クライアントも含めて、社内外のさまざまな方と協働していただくことになります。そのときに必要なのは「オープンマインド」です。たとえば、もしかするとコンサルタントやIT系出身の方々は、「クリエイティブなんてまったくわからない」「クリエイティブの人たちは自分とはまったく違うだろう」などと思っているかもしれません。しかし、そうしたことを心配することはありません。さまざまな価値観や技術を受け入れる姿勢さえあればよいのです。むしろ、多様な価値観や技術に出会うことを楽しんでいただきたいと思います。

黒田:もちろんスキルや経験も必要ですが、それ以上に、さまざまな方との協働を前向きに楽しんだり、自分の考えをはっきりと表現したりすることのほうが大事かもしれません。クライアントも含めたチームで進める仕事ですから。

とはいえ、必要なスキル・経験もあると思うのですが?

田村:私たちのプロジェクトは多くの場合マーケティングシステムに携わりますから、デジタルやデータ領域に関する最低限の知識は必要です。あとは何かしら、チームに貢献できる強みがあれば大丈夫です。

黒田:スキルや経験以上に、「博報堂でやりたいこと」が重要かもしれません。私としてはなぜ博報堂に入りたいのか、ここで何がしたいのかを語れる方と一緒に働けたらと思います。

田村:最後にお伝えしたいのは、「人を見る目に長けた集団」だということです。博報堂は何よりも生活者インサイトのプロフェッショナル集団です。上層部が、私がどういう人間かを深く見抜き、私のキャリアを自分のことのように真剣に考えてくれるのです。博報堂は、そうした安心感や人情味もある会社です。思いきって飛び込んできていただけたら嬉しいです。

黒田真樹氏

【博報堂の概要】
2014年、博報堂は、博報堂DYグループの総合メディア事業会社である博報堂DYメディアパートナーズと共に、中長期ビジョンとして「未来を発明する会社へ。Inventing the future with  sei-katsu-sha」を発表しました。5年後、10年後に向けて、私たちが「生活者とともに未来をつくる」存在になっていたいという、強い意思表示です。私たちは、ビジョンの実現に向け、30年以上にわたり培ってきた「生活者発想」を、「より具体的に、未来を描き出す手法」としてさらに進化させていきます。さらに、「パートナー主義」を“生活者、企業、メディアなどあらゆるプレイヤーとの共創の仕組み”として進化させていきます。生活者とともに、「未来」をつくる。「広告をつくる」を超えて、「未来を発明する」。「未来の発明」は、国境を超えて世界へ。ビジネスの大きな転換期を迎え、私たちは次の時代へと変革を進めています。

  • 創業:1895年(明治28年)10月6日
  • 従業員数:3,614名(2019年4月1日現在・契約社員含む)
  • 資本金:358億48百万円
  • 売上高:9,989億9百万円(2018年4月~2019年3月期、連結ベース)
株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局 エグゼキューションデザイン部 部長 田村耕人 氏

事業会社にて約10年間、事業・サービス開発に従事した後、博報堂へ。
様々なクライアント企業に対して、デジタルとリアルを横断した顧客体験設計・サービス開発などを支援している。

株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局 プロセスコンサルティング部 ストラテジックプラニングディレクター 黒田真樹 氏

複数の外資系コンサルティング会社(戦略部門)勤務を経て、2018年より株式会社博報堂に入社。多くの企業の新規事業、As a Service事業の創出やプラットフォーム戦略の策定・実行支援に従事。博士(工学)。

  • マーケティングシステムプロデューサー/プロジェクトマネージャー

    年収:800万円 〜 1,200万円

    勤務地 東京
    業種 IT・インターネット > デジタルマーケティング
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    マスコミ・メディア > テレビ・放送・映像・音響
    職種 コンサルタント > マーケティングコンサルタント
    ITコンサルタント > システムコンサルタント
    IT技術職 > プロジェクトマネージャー(WEB・オープン系)

担当ヘッドハンターの目線

廣岡 有希 氏株式会社リクルートキャリア ハイキャリアコンサルタント

廣岡有希氏

大手ガス会社での勤務を経て、2013年2月にリクルートキャリアへ入社。製造業領域を中心に、理系・留学生を主とした新卒学生の紹介事業を約3年間担当。その後、グループ会社へ転籍。美容領域にて、インターネット広告、システム導入、研修プログラム等の提案を担当。また新規WEBサイトの企画など、WEB領域全般の知見を習得。2018年4月リクルートキャリアへ復帰。現在は年収600万以上の方を中心に、インターネット領域(デジタルマーケ、広告代理店、エンジニア等)の採用/転職支援を担当しています。

博報堂の未来を担う、期待の部署。貴方のデジタル知見を活かして、個性豊かなメンバー、
そして日本を代表するクライアントと一緒に未来を創りませんか?

大手広告会社としての歴史が生み出した生活者DMP。その膨大なデータが叶える無限の可能性を、ぜひ自らの手で生み出したい!という意気込みの方にお越し頂きたいポジションです。記事にもある通り、裁量権と自由度が抜群の部署。マーケティングシステムに関する知見と、お客様に向き合う真摯さ、そしてクリエイター含む様々な人たちと一緒に仕事をしてみたい!という方にはピッタリです。

お越し頂きたいのは、ズバリ 『プロマネ力』 に強い方。培ったスキルを、存分に博報堂を舞台に発揮してください。
これまで数々の企業ニーズに真剣に向き合ってこられたという方、これからは博報堂で社会ニーズを生みだすところからチャレンジしてみませんか?ご相談、大歓迎です!