このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.09.20

デジタルマーケティングの統合ソリューションカンパニー・電通デジタルが、“人”基点で考える「ピープルドリブントランスフォーメーション」を実現する戦略コンサルタントなどを募集

デジタルマーケティングの統合ソリューションカンパニーとして知られている電通デジタルが、戦略コンサルタントなどを多数募集している。その募集背景と活躍してほしい姿などを、執行役員 デジタルトランスフォーメーション部門 部門長 八木克全氏(写真右)に伺った。

事業戦略コンサルタントや統合デジタルマーケティングコンサルタントが
「人はどうやったら動くのだろうか?」と考えつづける会社

電通デジタルとはどのような会社ですか?

広告会社である電通のテクノロジーの専門部隊としてグループの経営戦略の中核を担う会社ですが、事業範囲は広告領域にとどまらず「デジタルマーケティングの統合ソリューションカンパニー」です。「デジタルマーケティング領域のコンサルティングファームとほぼ同じような存在」と言ってよいでしょう。私たちは、デジタルマーケティングのすべての領域に対して、コンサルティング~開発・実装~運用・実行支援機能を持っており、戦略コンサルタント、ITコンサルタント・UXコンサルタント・Webディレクターなどのスペシャリスト、データサイエンティストなどの分析人材が幅広く在籍しています。

特に、今回募集の中心となっている「事業戦略コンサルタント」や「統合デジタルマーケティングコンサルタント」は、コンサルティングファームのコンサルタントとまったく同じように、新規事業開発・新サービス開発・全体戦略の策定・マーケティング組織変革などを広く手がけています。この点をまずご理解いただけたらと思います。

では、電通デジタルは他のファームとどこが違うのか。最大の違いは、「ピープルドリブントランスフォーメーション」を掲げていることです。システム基点や組織基点ではなく、どこまでも「“人”基点で考える」のが、私たちのあり方です。

“人”基点とはどういうことか。たとえば、私たちは次の5つの論点を極めて重視しています。

〈電通デジタルの5つの主要論点〉
① 事業推進活動が社会(顧客&従業員)と紐づいているか、共通理解を得ているか
② 提供サービスは顧客が使い続けるものになっているか
③ サービス提供プロセスは従業員が楽しく自走する仕組みになっているか
④ 適切なKPIで管理され変革をリードできるか
⑤ 素早く回す体制が、業務プロセスやITと連携した形で現実的に組めるか

見ていただいてわかるとおり、①~③は顧客と従業員の視点に立った論点です。もちろん、全体戦略を考える上では④⑤のビジネス・組織観点が欠かせませんが、同時に必ず①~③のように“人”基点でも議論を進めるのが、私たちの流儀なのです。         

言い換えれば、私たちは常に、「人はどうやったら動くのだろうか?」「ユーザーはどうしたらサービスを購入・利用してくれるのだろうか?」「どうすれば従業員の皆さんに楽しく自走して働いてもらえるのだろうか?」と考えつづけているのです。これこそが電通デジタルのDNAであり、私たちの最大の特徴です。

電通デジタル

他にはどのような特徴がありますか?

もう1つの大きな特徴として、私たちは、「サービスPoC(施策開発)」を中心に据え、より上流の「サービス化・戦略立案」や、より下流の「結果評価」を行き来しながら、コンサルティング~開発・実装~運用・実行支援を展開しています。

この説明だけだとわかりにくいと思いますので、コンサルティングファームの通常の仕事の進め方と比較します。一般的に、コンサルティングファームは「ありたき姿の創造・共有」と「現有資産診断」から始めて、「サービス化・戦略立案」に移り、戦略が固まったら「サービスPoC(施策開発)」を行い、「結果評価」をして、「組織業務の定着化」を目指します。こうやって、上流から下流へと進んでいくのです。

対して、私たちは、中流にある「サービスPoC=Webサービス・Webサイトなどの開発」を中心に据え、前後のサービス化・戦略立案や結果評価を行き来しながら、顧客企業の新ビジネス・新サービスの開発を実現しているのです。なぜなら、顧客のカスタマジャーニーに寄り添う新サービスを開発したり、従業員の気持ちを踏まえた新ビジネスを創造したりすること、つまり、「“人”基点のサービスづくり・ものづくり」が、もっとも重要だと考えているからです。私たちの経験では、サービスづくり・ものづくりを真ん中に置いたほうが、顧客企業のありたき姿の実現や、組織業務の定着化もむしろ早まることが多いのです。

このやり方は、新規サービス開発・顧客体験設計・アプリ/WEBサービス開発・ITシステムの開発を強みとする私たちだからこそ、実現できることです。電通デジタルの社内には、ITコンサルタント・UXコンサルタント・Webディレクター・データサイエンティストなどのスペシャリスト人材が豊富に在籍しており、さらにグループのシステムインテグレーター・電通国際情報サービスと密接にタッグを組み、システム開発をアジャイルで進められる体制も組んでいます。だからこそ、素早く柔軟に、“人”基点のサービスづくり・ものづくりを実現できるのです。

八木克全 氏

顧客も従業員も幸せになれるような
これまでにない新ビジネス・新サービスを実現したい

なぜいま、戦略コンサルタントを中心に多くの人材を求めているのですか?

社会環境の変化は急速に進んでおり、どの顧客企業も新サービスの立ち上げ、マーケティングの新たな仕組みづくり、組織構造改革などを待ったなしで進めなくてはならない状況にあります。一方で多くの顧客企業の自社内のリソースだけでは、既存ビジネス・組織の変革を進めるのは難しく、そのため、ありがたいことに、現在多くの顧客企業から戦略コンサルタントを筆頭にした当社メンバーの力を必要としてくださっている状況です。

具体的にはどのようなプロジェクトに関わることになるでしょうか?

これは私たちの事例ではないのですが、面白いのでぜひ紹介いたします。中国の配車サービスアプリ最大手にDiDiという会社があります。DiDiは、タクシードライバーとユーザーが相互に評価し合う仕組みを採用しています。ユーザーがドライバーを評価するだけでなく、ドライバーがユーザーを評価する仕組みも用意しているのです。そして、優良ユーザーの配車依頼が、優良ドライバーに優先的に届くようになっています。また、ユーザー評価とブレーキ・ハンドルの扱い方といった客観データによって、ドライバーの月収が大きく変わってきます。ドライバーもユーザーも、優良だと評価されるほど得をする仕組みになっているのです。

これは、既存のタクシーのビジネスモデルとは、かなり違うビジネスのあり方です。私たちは中国に行き、実際にDiDiの優良ドライバーにインタビューしてきたのですが、「DiDiで働き出してから、自分は良い人になったと思う。仕事は私生活にも影響するので、良いサービスを他の人にもしようと普段から思うようになった。彼女にも優しくなった(笑)」と語ってくれました。こうして、DiDiは単にビジネスで成功するだけでなく、ドライバーやユーザーのウェルビーイング(幸福度)も高めているのです。

私たちが実現したいのは、たとえばこのようにして、顧客も従業員も幸せになれるようなビジネスです。もちろん、中国と日本では個人情報の扱える範囲などがかなり異なりますし、中国と日本の文化もまったく違いますから、このサービスをそのまま輸入することは不可能です。だからこそ、日本に最適なビジネスモデルを考えるのが、私たちのミッションの1つだと考えています。

当然、こうしたことを電通デジタル単独で実現するのは難しく、多くのプロジェクトでさまざまな企業と協業しています。ただ、顧客と従業員を基点に考えるときには、必ず私たちが中心に立っています。

どのような方を求めていますか?

第一に、「社会をもっと良くしたい」「人を動かしたい」「人をもっと幸せにしたい」という想いのある方です。「ピープルドリブンで、ビジネスと社会を変えていく」という私たちの姿勢に共感してもらえるかどうかが、もっとも重要なポイントです。

加えて、マーケティングやエンゲージメントへの興味・関心も欠かせません。マーケティングやITに関する経験は何かしらあったほうが馴染みやすいとは思いますが、なくても問題ありません。ただし、人がつながること、働くこと、動くこと、サービスを購入・利用することへの興味は必須です。逆に言えば、こうしたことへの興味が強い方なら、まったくの未経験者でも活躍できる可能性が十分にあります。実際、マーケティングもコンサルティングもITも未経験で入社して、どんどん伸びていき、活躍しているメンバーもいます。

もっとも重要なのは、人への興味と社会を変えたいというモチベーションです。私は、その2つを兼ね備えた方とできるだけ多く出会いたいと願っています。

【電通デジタルの概要】
電通デジタルは「コンサルティング」「開発・実装」「運用・実行支援」の統合ソリューションを提供することで、他に類を見ないデジタルマーケティングのリーディングカンパニーになることを目指します。

  • 設立:2016年7月1日
  • 従業員数:1,412名
  • 資本金:4.4億円
  • 売上高(連結):非公開
株式会社電通デジタル 執行役員 デジタルトランスフォーメーション部門長 兼 ビジネスアライアンスルーム長 八木克全 氏

デジタルを活用したマーケティングプロセス革新領域で、課題を統合的に解決するソリューションプロデュースを担当。1998年入社以来、デジタルマーケティング領域に従事し、自動車/金融/不動産/社会インフラ/精密機器等、幅広いクライアントに対して、デジタルを活用したビジネス/サービス開発から、マーケティングプラットフォーム導入/施策開発/実施運用を領域とした、ソリューション設計/PDCAマネジメントを推進。京都大学大学院建築学専攻修了。

  • 事業戦略コンサルタント

    年収:600万円 〜 1,200万円

    勤務地 東京
    業種 コンサルティング > コンサルティング・シンクタンク
    マスコミ・メディア > 広告・PR
    職種 コンサルタント > 戦略コンサルタント
    コンサルタント > マーケティングコンサルタント
    ITコンサルタント > システムコンサルタント

担当ヘッドハンターの目線

廣岡 有希氏株式会社リクルートキャリア ハイキャリアコンサルタント

廣岡 有希氏

大手ガス会社での勤務を経て、2013年2月にリクルートキャリアへ入社。製造業領域を中心に、理系・留学生を主とした新卒学生の紹介事業を約3年間担当。その後、グループ会社へ転籍。美容領域にて、インターネット広告、システム導入、研修プログラム等の提案を担当。また新規WEBサイトの企画など、WEB領域全般の知見を習得。2018年4月リクルートキャリアへ復帰。現在は年収600万以上の方を中心に、インターネット領域(デジタルマーケ、広告代理店、エンジニア等)の採用/転職支援を担当しています。

マーケティングの頂点を走り続ける電通デジタル。日本トップクラスの環境でやるからこそ、得られるものが必ずある。

本記事にもある通り、電通デジタルは広告会社いうよりはマーケティングコンサルティング会社。この分野では日本トップクラスで、扱う量も幅も深さも半端じゃない。大手MAツールを網羅しており、かつ実行部分までをワンストップ提案できるのは、電通デジタルの大きな強みです。そして、日本のマーケッターの地位向上に貢献したいという同社。印象に残っているのは、『トップランナーは野原ではなく、最高の陸上トラックの上を走っているからハイパフォーマンスが発揮できる。電通デジタルは、高みを目指す日本のマーケッターに、最高の陸上トラックを用意している』というもの。担当として、その言葉が嘘ではないことは各部門の役員のお話を聞いてよく理解できました。今回のポジションは、そんな電通デジタルがマーケティングの枠を飛び越えて強化している、デジタルトランスフォーメーション部門。記事にもある通り、主語はITやモノではなく「人」でというのが醍醐味。『人の動かし方を知っている人が描く戦略は、たいてい成功する』という、広告会社である電通のグループ会社らしさが感じられる考え方です。また、事業が加速する一方で、同社は近年多様な働き方が可能にもなっています。個人的には、月に一度有休や休日とは別で設定される『特別休暇』制度が素晴らしいと思います。皆さんも、一度そんな電通デジタルのお話を聞いてみませんか?お問い合わせ、大歓迎です。

Facebookページに「いいね」すると更新情報がお知らせされます。

ページ先頭へ