息抜きで差をつけるCAREER CARVER MAGAZINE キャリアカーバーマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.12.26

【PR】株式会社リクルートキャリア

ゴールは顧客の事業成長。
採用活動のすべてを担い、充足へのコミットはもちろん、
組織や経営の課題にも踏み込み、顧客と共に事業の未来を創る。
RPOコンサルタントを大募集

リクルートキャリアの「RPO:Recruitment Process Optimization(採用プロセス最適化)」チームが、RPOコンサルタントを募集している。その採用背景や活躍イメージなどについて、事業開発室 HRソリューション リクルーティングソリューション1グループ マネジャー 垣見大介氏(写真右)、タレントアクイジショングループ マネジャー 松井紀樹氏(写真左)に詳しく伺った。

採用は事業成長に直結する経営課題。今求められているのは、戦略だけでもオペレーションだけでもない、実行力を伴い確実に採用できるソリューション。また6期目に入り新メンバーの受け入れ体制が整ってきた

まずはリクルートキャリアのRPOについて教えてください。

垣見:最初にお伝えしたいのは、リクルートキャリアのRPOは、一般的なRPOとはかなり違うということです。一般的なRPOとは「Recruitment Process Outsourcing(採用プロセスアウトソーシング)」の略で、定型化された採用業務の代行を意味しますが、リクルートキャリアのRPOは『Optimization(最適化)』。戦略立案から実行まで採用活動全般を最適化し、顧客には採用充足を価値として提供します。

私たちが目指すのは、あくまでも企業の事業成長。そのために採用を確実に成功させること。
私たちは、そのためにできることすべてを行います。市場データに基づいて、採用の前提を変える提言をすることもあります。
ひとつ例を挙げると、最近多くの企業からAIやIoT等のIT人材を採用したい、という相談を頂くのですが、IT人材の多くは首都圏で勤務しており、勤務地がそれ以外でとなると充足が極めて難しい。ある企業に対して、「採用成功のためには、首都圏に拠点を構えるべき」と提言し、拠点を構えて頂きました。

私たちのRPOは、このようにして採用戦略を描き提言するコンサルティングから、採用手法やメディアの選定、選考プロセスの設計と実行、各種オペレーションの実行まで、採用の全プロセスに関わるソリューションを提供しています。

なぜいまRPOコンサルタントを採用するのですか?

松井:最大の理由はビジネスの急成長です。想定以上に速いペースで引き合いが増えており、既存のメンバーでは対応できなくなってきているのです。その主な理由は、昨今の採用競争が激化しているため、市場データや相場観をベースにした私たちの採用戦略コンサルティングが、多くの企業に必要とされていることに加えて、先ほど挙げた製造業のAI・IoT人材のような高難易度の採用ニーズが日本企業全体で増えているのが大きいと考えています。最近は、私たちを継続的に利用していただけるクライアントが増えており、あらゆる人材を集客するノウハウを保持している事も、大きなビジネスメリットとなっています。

今後さらに案件が増えることは間違いないのですが、現在の体制では、限られた案件しか受けられません。規模は小さくても経営に大きなインパクトを与える重要な採用がいくつもある中で、私たちとしてはそうした案件もぜひ引き受けたい。増加する案件に対応するだけでなく、多様な案件に、より柔軟に対応できる体制を整えるためにも、新たなメンバーを必要としているのです。

一方で、組織的な事情もあります。私たちはこのRPOサービスを2012年にスタートさせました。現在6期目で、ようやく組織の形が整ってきました。外部から新たな人材を受け入れ、活用・育成できる基盤も整ってきました。そこでいよいよ多くの人材を採用したいと考えている側面もあります。

今後のビジネスについて、どのように考えているのでしょうか?

垣見:現在は中途かつ正社員採用の案件が中心ですが、新卒採用や海外採用、パート・アルバイトの案件等にも領域を広げていきたいという想いがあります。それから「バリューチェーン」も広げていきたい。人材採用領域だけでなく、組織戦略や要員計画、配置・配属や定着・活躍等、採用の前後の領域まで拡大していきたいのです。

長くRPOを利用して頂いている企業からは、「新しい組織を創る際に、どういう人材が何名必要か」「入社後に活躍するメンバーをもっと増やしたい」等、採用の前後についても相談を頂くこともあり、一部の顧客では、こうした相談も共に解決し、次の採用につなげていくための取組みを始めています。

常に目の前のクライアントとクライアントの課題に真摯に向き合い
オーダーメイドで新たな価値を生み出し続ける

新たに入社する方にどういった活躍を期待していますか?

松井:入社後は、まずRPOサービスの中で、重要な役割を担うリクルーターとして活躍をしていただきます。リクルーターは、基本的にクライアントの採用担当者とほぼ同じ動きを取ります。現場社員に採用要件をヒアリングしたり、どのような人材が必要かを見極め、採用手法選定やメディアを活用した広報施策を実行し、選考プロセスを進めていくのです。もちろん、クライアントの人事部や現場社員の皆さんと密接に連携を取りながら行動します。最初のうちは、このリクルーターとして2~3つのプロジェクトを動かし、経験を積んでいただきます。

その後は、徐々にコンサルタントを目指していただきます。先ほども少し触れましたが、コンサルタントの主な仕事は、市場データや相場観を基にクライアントの経営陣に最適な採用戦略を提言し、それを実行に向けて動かしていくことです。特に私たちが重視しているのは、クライアントごと、案件ごとにオーダーメイドで価値を提供すること。なぜなら、世の中には似たような採用がいくつもありますが、実際はクライアントのビジネス状況や内部課題が1社1社異なるため、求める人材は似ていても、同じ手法で成功するわけではなく、採用手法は全て異なるからです。

ですから、私たちのサービスは一つひとつ異なる形を取ります。その点を楽しめる方が、私たちのコンサルタントに向いています。いつも目の前のクライアントとその課題に向き合い、オーダーメイドで価値を生み出し続けることに喜びを感じる方は、きっと活躍できるでしょう。また、このビジネスではクライアントの経営者やキーパーソンの決断が大きな鍵を握りますから、コンサルタントには誰がキーパーソンなのかを見極める力が求められます。

垣見:付け加えるなら、RPOビジネスの醍醐味は、真のパートナーとしてクライアントと同じ方向を向いて、一蓮托生でプロジェクトを進めることにあります。クライアントの皆さんと一緒に汗をかき、一緒に実行し、一緒に成功を喜びたい方にお勧めしたい仕事です。

なお、RPOサービスはベンダーフリーで、リクルートの媒体に限らず、あらゆる採用手法の中から最適な手法を選ぶことができます。最適な手法がない場合、手法そのものを開発することすらあります。

もちろん、リクルートの持つ求人メディア、人材斡旋サービス、サーベイ分析、クリエイティブ制作、各種ITシステムを活用できることは、大きな強みだと思います。

どのような人材を求めていますか?

松井:RPOコンサルタントは基本的には採用のスペシャリストですから、もちろん人事経験者は大歓迎です。ただ、一方では、多様な人材を採用したいという想いもあります。というのは、RPOサービスは様々な仕事に通じるところがあるからです。たとえば、相場を読むという意味では金融機関の仕事に近く、調達先を選定し、オペレーションを設計するという意味では商社の仕事と似ており、プロセスをコンサルティングし、システムを構築して効率化するという意味ではIT業界の仕事と共通点があります。実際、現在のRPOチームには、金融機関、商社、IT企業の出身者など、多様な職歴のメンバーが集まっています。今後も多様性に富んだチームをつくっていきたいと考えています。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

垣見:長く採用の仕事に関わっていますが、採用は奥が深くて本当に難しい。優秀な人材を集めても、クライアントが断ることもあれば、その逆もあります。採用は販促とは異なり、相思相愛でないと成立しないからです。

今、日本の採用市場では優秀な人材の争奪戦が起こっています。そうした環境で人材を確実に採用することは簡単なことではありません。しかし、だからこそ、やりきったときの達成感は格別です。
我々が関わったクライアントが、新聞や雑誌に取り上げられることも珍しくありません。
そうしたニュースを見るたび、頑張った甲斐があったと嬉しくなります。

別の見方をすると、私たちはRPOを通じて、日本全体で人材の適材適所を推し進めているのです。それは日本社会の“不”を解決し、国力を押し上げることにもつながるはず。
つまり、私たちのビジネスは、日本の社会課題の解消に直結しているのです。
こうした環境で自分を磨きたいと思う方に、ぜひチャレンジして欲しいと思います。

【リクルートキャリアの概要】
株式会社リクルートキャリアは、株式会社リクルートの人材採用系事業であるHRカンパニーと日本最大級の転職エージェントである株式会社リクルートエージェントとの統合により、2012年10月1日に誕生しました。事業の柱は、個人のキャリアと企業の人材戦略に向けた支援サービスです。私たちはこの事業を通じて、グローバル化、少子高齢化と構造が大きく変化する日本社会に、新しい活力や成長を生み出していくことを目指します。

  • 設立:1977年11月28日 (商号変更2012年10月1日)
  • 従業員数:3,508名(2017年4月1日時点)
  • 資本金:6億4,335万円
  • 取扱高:1,196億7,402万円(2017年3月期)
株式会社リクルートキャリア 事業開発室 HRソリューション リクルーティングソリューション1グループ マネジャー 垣見 大介氏

大学卒業後、大手IT企業でのSEを経て2004年より現職。コンサルティングファーム、SIer、外資ITベンダーを中心に一貫して10年、IT領域の採用支援に関わり大型採用プロジェクトも数多く従事。大型採用の経験を活かし、現在はHRソリューション部にて、RPOサービスの企画立案、業務設計、導入・運用に関わる。

主なプロジェクト実績

「国内大手自動車メーカーの複数年長期プロジェクト」、「インターネットサービス企業の立ち上げ期大型採用」、「大手通信サービス企業の異業界人材採用」「外資系製薬メーカーの経験者MR大型採用」等、多岐にわたる。

株式会社リクルートキャリア 事業開発室 HRソリューション タレントアクイジショングループ マネジャー 松井 紀樹氏

大学卒業後、広告代理店での法人営業を経て2006年より現職。
日本を代表する企業の大量採用プロジェクトに関わる専任キャリアアドバイザーを経験後、プロジェクトマネジメント業務に従事。主に大手メーカー系企業を中心に50社以上の採用プロジェクト推進の経験があり、特にWEBマーケティング、大型イベントの設計・運営に強みを持つ。
その後、RPOコンサルタント、マーケティングスタッフ・マネジャーを経て、今に至る。

  • 【次世代の中核メンバー】総合職 ~雇用を通じ社会を変えていく~

    年収:応相談

    勤務地 北海道、宮城、東京、愛知、大阪、京都、岡山、広島、福岡
    業種 人材・研修・教育 > 人材・研修
    職種 営業 > 営業・企画営業
    その他 > その他
  • RPOコンサルタント~顧客の事業課題にあわせ幅広い採用戦略を立案・推進~

    年収:応相談

    勤務地 東京
    業種 人材・研修・教育 > 人材・研修
    職種 コンサルタント > 組織・人事コンサルタント

上記、求人のご応募にあたっては株式会社リクルートキャリアの「転職支援サービス」をご利用いただきます。
尚、株式会社リクルートキャリアへのご応募以外の目的で、転職支援サービスの利用をご案内することはありません。

Facebookページに「いいね」すると更新情報がお知らせされます。

ページ先頭へ