このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.05.29

ビジョナリー・カンパニーにおける、主要なポストに適切な人材の条件とは?

令和スタート、キャリアカーバーユーザーの皆さんも気持ちも新たに転職活動に臨まれていらっしゃることと思います。

さて、令和に輝く企業とは、どのような企業になるでしょうか?
そもそもは平成から既に、新たな時代へのパラダイム転換がそこここで起きており、それが今加速度を増しています。AI、スマートモビリティ、人手不足時代の無人化・ロボット化、キャッシュレス社会、アグリテック、ゲノム、etc.
どれを取っても、これからの社会・世界の中でいかにあるべきかが問われるものであり、だからこそ令和は、「志、ビジョン・ドリブンな企業」が存在価値を認められ輝くでしょう。

ではそんな企業に適する幹部人材とは?
『ビジョナリー・カンパニー』著者のジム・コリンズが彼らの膨大な調査から、主要なポストに適切な条件として6つの性格を挙げています。今回はこれを中心にご紹介したいと思います。

適切な人材は会社の基本的価値観に合致しており、厳しく管理する必要がない。

【条件1】「適切な人材は会社の基本的価値観にあっている。」

「偉大な企業はカルトのような文化を築いている」とジム・コリンズは言います。確かに特長ある企業、企業価値観がはっきりとしている企業の組織風土は、独特のものであることが非常に多いのは、皆さんもご存じの通りです。「○○社マン」「○○社っぽい人」などと言われる企業がありますが、そうした企業は共通した人材のタイプ、キャラクターを持ち、それが自社の強み、DNAとなっています。

ですから逆に、組織の価値観を共有していない人は、採用段階でもはじかれますし、入社してもなじめず、早晩退職することになったりもします。

私もコンサルティングの場面で、「当社の価値観を社員に教え込むために、どんな策を取ったり制度を導入すればいいのですか」などと聞かれることが多いですが、それに対してジム・コリンズは、次のように言い切っています。

「答えは、何もしないというものだ。自社の基本的価値観にあう性格の人を採用し、離さないようにすればいい。」

まさに、と思います。価値観というものは、何かを無理に押し付けたり教え込んだりするものではなく、日々の行動、そもそもは生まれてから今に至るまでの生活の中で育まれてきたもの。それがそもそも共通しているのか否かは、採用段階でしっかり見極めるしかありませんし、おいそれと変わるものではないのです。

【条件2】「適切な人材は厳しく管理する必要がない。」

ですから、もしも社員の誰かをしっかり管理する必要があると感じた場合には、採用時に間違いを犯した可能性があるのです。

「適切な人材なら、その人の<動機づけ>や<管理>に大量の時間を使う必要はない。良い意味で神経質だし、動機と規律を自分で身に着けていて、自分の能力を最大限に発揮しなければ気がすまない。それがDNAの一部になっているのである」、とジム・コリンズは解説しています。

厳しい見方をすれば、その人を自社の規律や価値観に適応させる努力を要する時点で、その人を採用したことは失敗だったのではないかということです。

適切な人材は「肩書き」を持っているのではなく「責任」を負っていることを理解しており、達成すると約束したことは必ず達成する。

【条件3】「適切な人材は「肩書き」を持っているのではなく「責任」を負っていることを理解している。」

これは私も、本当に口を酸っぱくして、昔からいままで、あちらこちらで常に話したり原稿に書いたりしてきました。キャリアワークショップなどでも「<手段>と<目的>」「<原因>と<結果>」などの表現でも毎回お話ししています。

肩書きはあくまでも手段であり、果たすべきは自身の職務職責であるし、果たすべき職務職責を全うしたから(原因)こそ、それに応じた肩書がついてくる(結果)のです。

【条件4】「適切な人材は達成すると約束したことは必ず達成する。」

‟やるといったら、死んでもやる。”
私はリクルートで育てられ、お世話になった各部署上司から、非常に大切な価値観や規律を叩きこんで頂いたと感謝していますが、その一つは、こういうことです。令和の時代に昭和的だと思うかもしれませんが、これだけは今後どんなに時代が進んだとしても変わらないし、逆により重要になることなのではないかと思います。

「規律の文化では、約束は神聖なものだと考える。人々は約束したことを実行し、不平はいわない。これは同時に、何かを達成すると約束するときに慎重を期し、約束が過大にならないよう、できないことは約束しないよう注意することも意味している」(ジム・コリンズ)

適切な人材は会社とその仕事に情熱を持っており、「窓と鏡」の成熟した思考様式を持っている。

【条件5】「適切な人材は会社とその仕事に情熱を持っている。」

情熱がなければ何も達成できません。モチベーション、パッション、エンゲージメント。昨今、HR関連でのバズワードがこうしたワードになっているのは、最後はそこに尽きるからです。令和は‟一億総情熱社会”になると良いなと願っています。(こういうことを言うと、「やる気とか情熱とかを全員に押し付けるな」と言う人は必ず少なからずいらっしゃると思います。いいのです、【条件1】の通り、価値観が合う集団になればよいし、合わない人は離れればよい。あくまでも、自分が輝く企業に属し自分も輝きたいという価値観である場合は、‟一億総情熱社会”価値観の人がフィットする、という話です。)

【条件6】「適切な人材は<窓と鏡>の成熟した思考様式を持っている。」

これは少し説明が必要ですね。ジム・コリンズは次のように解説しています。

「成功を収めたときは窓の外をみて、成功をもたらした要因を自分以外のところに見つけだす。成功に寄与した人たちに光をあて、自分の功績だとはほとんど考えない。だが事態が悪くなったときは、後退や失敗の責任が状況や他人にあったとは主張しない。鏡をみて、「私の責任だ」という。」

「成功は人のお陰、失敗は自分の責任」、道徳っぽいですが大事ですね。そもそもの人間心理は、どちらかというと逆にできています(行為者ー観察者バイアス:行為者として自分の行動要因を考えるときには状況の影響力も考慮する一方で、観察者として他者の行動要因を考えるときには行為者の性格や能力のような内的特性を重視しやすい傾向。要するに、自分には「環境の所為だ」など甘く。他人には「彼彼女自身の問題だ」と厳しくみがちということ)。

<窓と鏡>の法則、幹部・リーダーとしては絶対に心に刻んで置きたいものです。

ビジョナリー・カンパニーはご存知の通り、まず第一に「誰をバスに乗せるか〜最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」からスタートします。
令和最初の採用で、転職で、あなたは誰をバスに乗せますか?あなた自身はどのバスに乗りますか?

ではまた、次回!

株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO
井上 和幸(いのうえ かずゆき)

1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。

Facebookページに「いいね」すると更新情報がお知らせされます。

ページ先頭へ