リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

勉強好きこそ成功から遠い!? 2007年ベストセラー書籍『夢をかなえるゾウ』

累計発行部数300万部を突破し、ドラマ化や舞台化、果てはゲーム化など、ビジネス書の枠を飛び越えて輪を広げている『夢をかなえるゾウ』。まさに自己啓発小説の金字塔ともいうべき存在です。ごくごく普通の人生から脱却して成功を掴みたいと望む主人公の「僕」と、得体の知れない神様・ガネーシャとのコミカルなやりとりを通じて、今の自分を変え、理想を実現するための秘訣を学べます。

要約

みじめな自分を嘆く「僕」のもとに現れた、関西弁を操るゾウの姿をした神様・ガネーシャ。ニュートンやビル・ゲイツ、松下幸之助ら、誰もが知るような偉人達を成功に導いてきたというガネーシャと契約した「僕」は、変わるために1日1つの課題をこなすよう求められます。それは、「靴をみがく」「食事を腹八分に抑える」など、拍子抜けするほどささいなことばかりでした。

読み応えのあるポイント

「新しい自分に生まれ変わりたい!」と思ったことは、誰にでもあるはず。しかし、結果を出せた方はほんのわずかしかいないことでしょう。では、なぜほとんどの人が変われていないのか? 本書は、その答えを教えてくれます。

学んだことを実践し、行動していくことでしか自分を変えることはできない

「今日から○○をやろう!」と意識を変えるだけでは自分を変えることはできない。自分を変えるには、学んだことを実践し、行動していくしかない。それが、本書の最大のメッセージです。

『夢をかなえるゾウ』には27の課題が収録されていますが、そのどれもが本書を読了してすぐ行動に移せるようなことばかり。しかしどれも偉人達が実際に取り組み、成功に繋がった習慣なので説得力があります。主人公の「僕」自身も、半信半疑ながら課題に取り組むうち、少しずつ視点が変わってきていることに気づいていきます。

ビジネスパーソンの間でよく知られた名言に「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる」というものがありますが、まさにこれを地でいくやり方だといえるでしょう。

決めたことを続けるためには「環境を作る」ことがポイント

ガネーシャが「僕」に与えるアドバイスの中で、最も耳が痛いのは「決めたことを続けるための環境を作る」というもの。 夢をかなえる時間を確保するため、「1日何かをやめる」という課題に臨んだ「僕」は、仕事から帰宅した後にテレビをつける習慣をやめようとします。しかし、ガネーシャは「『やめる』と決めるだけではただの逃げであり、具体的な行動に移さなければ何も変わらない」と諭すのです。そして、「テレビを見ないための具体的な行動」としてテレビのコンセントを引っこ抜くという荒業に出ます。否応なしに変わらざるを得ないような環境を、自ら作ってしまうというわけです。

人の意志は想像以上に弱い

会計における分析の基本は、全体の数に惑わされることなく「1単位あたりの数」を算出し、他の数字と比較することです。 たとえば、「購入者の50人に1人、無料キャンペーンを実施中!」という文言を見て「おトク!」と思うか、割引率を瞬時に計算し、「100人に2人しか当たらないのか、じゃあ割引率で考えればたったの2%だな。だったら確実に5%割引してもらえるところで買おう」と結論づけるかで、数字のセンスの良し悪しが分かります。

数字のセンスを体得することで「一見ウマい話」に騙されないだけでなく、逆に数字の持つ説得力を駆使して、企画やプレゼンで高い交渉力を発揮することもできるでしょう。

こんな人に読んでもらいたい

自分を変えたくてビジネス書を読むけれど、結局変われなかった人

併せて読んでほしい本

『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』といった同シリーズの書籍はもちろんのこと、「人間の変わろうという意志は案外弱い」「行動によって自分を変えられる」と説いている点では、『スタンフォードの自分を変える教室』もおすすめです。