このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.07.03

若手でもヘッドハンターに 「ヘッドハンティング」される人材とは。

株式会社リクルートキャリア
ハイキャリア・グローバルコンサルティング部 シニアコンサルタント
杉山 友章

91年に国内最大級の転職支援実績を持つ転職エージェント「リクルートエイブリック(現:リクルートキャリア)」に入社後、27年にわたり電機・自動車・通信・半導体・ITなどテクノロジー領域を担当。05年、トップコンサルタントが招集されてスカウト部門を立ち上げ。以後、これまで13年間にわたり「クライアント企業の重要ポジション専門スカウト」「トップタレントとの中長期リレーション構築」「VCやPE、アクセラレータ(メディア含む)等とのアライアンス提案」に取り組んでいる。

最近話題のヘッドハンター。欧米では当たり前のヘッドハンティングという手法が、昨今の日本においても徐々に一般化されつつある。エグゼクティブ層から、数は少ないものの若手層にまで広がっており、そんな選ばれる人材になるために意識しておくべきこととはどんなことなのか。リクルートのシニアコンサルタントである杉山氏にお話を伺った。

ヘッドハンティングする価値がある人材とは?

ヘッドハンティングの対象となるのは、まず替えのきかないハイレイヤー人材。ここで採用人材を間違えれば経営上の大きなリスクにも繋がりかねませんので、それだけのコストや時間をかける価値があると言えます。若手でもトップタレントと呼ばれる人材がいて、ヘッドハンティング会社がそこまで手を伸ばすケースがあります。例えば人工知能やディープランニングなどの先進分野での研究者や、外資系の戦略コンサルティング会社に行っている方などが代表的な例。「何ができるのか」が明確に確立されていない若手はヘッドハンティングの対象になりにくく、まだまだ数は少ないと言えます。では、いずれヘッドハンティングされる人材になるためにはどうしたらいいのか、という点を次にお話しします。

急成長カーブを描いていくために必要なのは、ポテンシャル×向上心

成長曲線を表した線グラフがあったとします。縦軸を成長度合、横軸を時間とおいた時、一般的な人は45度の成長角度で進んでいく。ではトップタレントはどうかといえば、そもそものスタート地点が他の人より高く、またそこから先の成長角度も急カーブを描いていくので、どんどん差が出てくるわけです。

なぜスタート地点が高いのかといえば、そういった人材は、社会に出る前から何らかの形で成長への努力を続けてきているので、既に大学卒業までの間に差ができているからです。私もトップタレントの方と話す機会がよくありますが、ほとんどの方が成長中毒ともいえる状態。成長していないと気持ちが悪いし、このままでは追いつかれるのではという焦燥感を抱き、常に次の成長を求めています。

それでは、急成長カーブを描いていくためには何が必要か。それは、ポテンシャルと向上心の掛け算で、ほとんどのトップタレントの共通項だと言えます。ポテンシャルといえば、私は若手人材を見るときに重視しているのは、エンジンの大きさ。仕事をする上での熱量や馬力、ベースとなる「ポータブルスキル」とも言えるもので、サイズは人それぞれです。たまたま華やかな仕事で脚光を浴びているだけで、実際に会いにいくとエンジンが意外と小さくて残念なケースもありますし、逆に売店などで驚くほど先を読んでテキパキ動く優秀なエンジンを持った人と出会うこともあります。このポテンシャルは基礎資質ですから、すでに出来上がっているもの。もう一つの向上心は、誰もが、いつからでも、持つことができる。ただし、気持ちだけではダメで、それを毎日の行動に移すことが大事になってきます。では具体的に、どんな行動をすればいいのでしょうか。

ヘッドハンティングされる人材を目指して、今すぐできる4つのアクションとは

今すぐヘッドハンティングされる存在になるのは難しいかもしれません。けれど、この先、急成長カーブを描いていけば、未来は大きく変わっていく。そのためには毎日の行動の積み重ねしかありません。いくつかアドバイスいたしますので、ぜひ考え方や行動を変えるヒントにしてください。

英語力を磨く

トップタレントの中では嗜みとも言えるもので、やっていない方が珍しいかもしれません。英語ができるということは、世界中の数十億人と話せるということであり、仕事選びの場面においても、日系企業はもちろん、外資系企業、グローバル駐在要員など、選択の幅が大きく広がります。お金や負荷をかけずとも続けていれば、確実にスキルが上がっていくので、今すぐにでも始めた方がいいと思います。

セルフプロモーションをする

例えばトップタレントは、メディアへの露出、講演、執筆など、世間から注目されるようなことを敢えて行っている方が多いですね。普通はなかなかそんな機会はないと思いますが、まず見つけてもらうために、SNSの発信を増やしたり、そういった場所に出かけたりといったことはできるはず。「自分は何ができるのか」「何を考えているのか」世の中に認知されることがとにかく大事で、逆に言えば知られていなければ存在がないのと同じです。認知されれば、ヘッドハンティングのターゲットとしてリスティングされる存在にもなっていきます。

ネットワーキングを築く

成長している領域、つまりホットスポットのど真ん中に身を置くこと。そこにはベンチャーキャピタルや経営者、大手の新規事業部門のトップが常にいますので、そういった方々との人脈を築くことができます。あなた自身の働きぶりや人柄、価値を知る人から、「君、うちにこないか」と誘われ、年収アップやストックオプションなどを提示される。これが一番いい転職なのではないかと思います。

機会に対して常にオープンな状態にする

トップタレントの共通点は、会社に依存せず、働く力と自信を持っています。現職にこだわらず、魅力あるポジションがあれば、いつでも検討し、いいと思えば常に動く。雇われる働き方をしていると、「失業したらどうしよう」「これを言ったら会社からの評価が落ちるのでは」と守りに入ってしまうもの。さらなる成長や給与アップを望むのであれば、常に機会に対してオープンであることが重要です。

Facebookページに「いいね」すると更新情報がお知らせされます。

ページ先頭へ