リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

履歴書の志望動機欄の書き方と作成のポイント

履歴書を作成する際に、頭を悩ませる項目のひとつが「志望動機」です。採用担当者に対して「なぜこの企業、この仕事を希望するのか」を示す項目であり、選考に影響する要素です。ここでは、履歴書の志望動機欄の基本的な書き方と、押さえておきたいポイントについて詳しく解説します。

アドバイザー

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

企業が志望動機を聞く理由

企業の採用担当者が志望動機を確認するのは、「求職者の入社意欲の高さ」を見極めたいと考えているからです。また、「自社に定着して長く働いてくれそうか」、「強みを活かして活躍してくれそうか」を判断したいという意図もあります。

もちろん、履歴書の志望動機欄はスペースが限られているため、具体的な志望動機は面接で確認することが一般的です。しかし、面接に進むためには、まず書類選考をパスしなければなりません。限られた文字数でしっかりと志望意欲をアピールしましょう。

志望動機の基本的な構成

志望動機欄を作成する際は、採用担当者が知りたい情報をきちんと盛り込むことが大切です。ここでは、基本的な3つの構成要素について解説します。

応募企業を選んだ理由(意欲)

志望動機を書く時の大事なポイントのひとつが、「応募企業を選んだ理由」です。入社意欲を伝えるものですが、ここで注意したいのが、「志望理由が他の企業にも当てはまるかどうか」です。別の企業でも当てはまるような理由が書かれていた場合、「入社意欲が低いのでは」「企業研究をしていないのでは」という印象を持たれてしまう可能性があります。

もちろん、無理に志望動機を見つける必要はありませんが、応募企業の独自性や強みを志望動機にできれば、より説得力が高まるでしょう。

活かせる経験・スキル

入社後に活躍できることをアピールするために、これまで培ってきた経験・スキルと、求人に記載されている仕事内容との共通点を見つけ出すことが大切です。「募集要項」「仕事内容」「求める人物像」などを確認し、マッチする経験・スキルがあれば、前面に押し出してアピールしましょう。

なお、企業が求めている経験・スキルとの共通点が見出しにくい場合には、「仕事の進め方」「企業理念」などに着目し、別の切り口から接点を見つけるという方法もあります。

入社後に実現したいこと

入社後に実現したいことを具体的に伝えることで、採用担当者の納得感も高まります。「応募意欲」「活かせる経験・スキル」「入社後に実現したいこと」は、一貫性があることがポイントです。経験・スキルを活かして何を実現したいのか、「サービスの拡大に貢献したい」「商品企画にチャレンジしたい」など、意欲を伝えるようにしましょう。

履歴書の志望動機の例文

企画営業

貴社は、IT分野でもとりわけSNSの可能性にいち早く着目して業績を拡大されており、その先見性の高さに以前から強く興味を抱いておりました。現職では、インターネット広告の運用だけでなく、イベント関連の企画・運営などにも幅広く携わっています。貴社では、SNSとリアルな体験を融合した、新たな広告戦略の企画・提案に挑戦していきたいと考えております。

管理部門

数多くの不動産テック企業のうち、貴社の業務支援ツールはUXが素晴らしく、カスタマーサクセスの対応レベルが高いこともあり、事業成長力に注目しておりました。現職では13名のメンバーを抱える管理部門の責任者として、経理、総務、法務、人事を担当しています。貴社においても、事業の急成長を管理部門から支えたいと考えております。

ITエンジニア

現職では、PMとしてバックエンドの開発業務に携わってきましたが、担当できる領域が限られていました。官公庁向けの基幹システムの開発を手掛ける貴社で、これまでのスキルを活かしながらも、経験領域の幅を広げたく志望しました。開発スタッフと顧客から信頼されるPMとして、多くのプロジェクトを手掛けたいと考えております。

志望意欲の高い企業には、「志望動機書」を作成する方法も

履歴書の場合、志望動機は100~200文字程度でまとめるのが一般的です。志望動機欄のスペースは限られているため、志望意欲の高い企業については、履歴書とは別に「志望動機書」を作成するという方法もあります。

志望動機書の例

志望動機書

20XX年X月X日
氏名:●●●●

この度は貴重な機会をいただき、誠にありがとうございます。
今回、貴社の求人に応募するにあたり、志望動機をまとめさせていただきました。

 

1.志望理由
私はかねてから、グローバルなフィールドでの営業職に興味を持っていました。貴社を志望するのは、製造現場に欠かせない総合工作機械メーカーとして、海外でも高いシェアを有し、クライアントと一緒に製造現場の課題解決に取り組む営業手法に魅力を感じたからです。現職でも営業職に従事してきましたが、より幅広い分野のものづくりに貢献できる企業だと思い、志望しました。

 

2.貢献できること
現職では、営業リーダーとして、売上目標の管理、メンバーの育成などを行ってきました。20XX年以降は、新規立ち上げ部門の営業活動を一任され、5名の社員を率いて新規開拓を続けた結果、1年目で1億円の売上目標を達成、さらに現在は2.5億円まで伸ばすことができました。貴社の新規プロジェクトにおいても、営業部門を牽引する中核メンバーとして、販路拡大や売上アップに貢献できるものと考えております。

 

3.貴社で実現したいこと
現職では、自動車メーカー向けの機器を担当していました。貴社はこれから自動車業界のシェア拡大を計画されているとのことで、これまでに自動車業界の経験・知識が活かせるものと自負しております。

以上