リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

履歴書写真のサイズや証明写真の撮影方法は?

履歴書には証明写真を貼付するのが一般的です。撮影の仕方や表情によって採用担当者の第一印象は変わるため、証明写真の仕上がりにも気を配っておきましょう。ここでは、履歴書に貼付する証明写真の基本的なルールやおすすめの撮影方法、注意しておきたいポイントなどについてご紹介します。

履歴書の写真のサイズや注意点は?

まずは写真を撮影する前に押さえておきたい証明写真の基本的なルールについて解説します。

履歴書は縦40㎜×横30mmを使用

履歴書に貼付する証明写真の規定のサイズは、縦40㎜×横30㎜です。履歴書の多くは、このサイズの枠があらかじめ印刷されているので、枠に合うサイズの写真を用意しましょう。写真スタジオや証明写真機などを利用すると、「履歴書用写真」を指定することができます。

履歴書に貼り付ける際は、写真がはがれないようしっかりと糊付けを。万が一、履歴書から写真が剥がれてしまった時のために、写真の裏面に氏名をフルネームで書いておくと丁寧です。

3カ月以内を目安に撮影する

履歴書に使用する写真は、3カ月以内に撮影したものを使うのが基本です。古い写真だと現在の印象と大きく違う可能性があるからです。また、3カ月以内に撮影した写真であっても、髪型が大きく異なっていたり、体型が変化していたりする場合は、新たに撮り直した方がいいでしょう。

履歴書写真の服装や髪型、メイクは?

履歴書に使用する写真を撮影する際の服装や髪型、メイクについて、注意しておきたいポイントをご紹介します。

服装はジャケット着用で

履歴書の写真を撮影する際は、ジャケットを着用しましょう。面接を受ける際に着用する服装を基準に、カジュアルになりすぎない服装を心掛けてください。また、撮影の前に、ネクタイやリボンなどが曲がっていないか、鏡でしっかりセルフチェックしましょう。

髪型は清潔感を意識

髪型は、相手に清潔な印象を与えるかどうかを基準に考えましょう。ポイントは前髪。髪の毛が顔にかかっていると、表情全体が暗いイメージになりやすいので注意が必要です。明るくすっきりとした印象を与えたい場合は、髪の毛が顔にかからない髪型を意識しましょう。

また、面接前にヘアスタイルを大幅に変更する予定がある人は、髪型を変えた後に写真を撮影しておくと実物と写真に差異がなくなります。

明るい表情を意識

証明写真の撮影は、緊張して表情が硬くなりがちです。写真を撮影する際は、意識的に明るい表情を作るように心掛けてください。口を閉じ、口角を少し上げるようにすると親しみやすさがアップします。また、メイクは軽めにしておいた方が柔和な印象に仕上がるでしょう。

他に、猫背、上目づかい、あごの上げすぎ・引きすぎなども印象を左右するので、撮影前に鏡でチェックを。

スタジオ・証明写真機・証明写真アプリのメリット・デメリット

履歴書用の写真撮影にはさまざまな方法があります。ここでは、「写真スタジオ」「証明写真機」「証明写真アプリ」の3つの方法に分け、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

写真スタジオ

写真スタジオで撮影した場合、プロが専用の機材で撮影してくれるため、見栄えの良い写真に仕上がります。表情を作るうえでのアドバイスも受けられるため、より自然な写真になるでしょう。なかには、撮影後の画像をきれいに補正してくれるスタジオもあります。

証明写真のデータを持っているのであれば、プリントにも対応してくれます。時間や費用がかかりますが、余裕があるのであれば写真スタジオを利用すると、満足度の高い仕上がりになるでしょう。

証明写真機

証明写真機を利用すると、好きな時間に安価に撮影できます。履歴書の提出スケジュールが迫っている時や、在職中で時間がない場合などに重宝するでしょう。なお、機種によっては肌感を調整したり、背景を選んだりすることもできるようです。ただし、写真スタジオのようにプロのアドバイスがないので、写り具合をセルフチェックする必要があるでしょう。

証明写真アプリ

スマートフォンのアプリで撮影した写真を、自宅のプリンターや専門店・コンビニエンスストアなどの複合機を利用して印刷する方法もあります。何度でも気軽に撮り直しができ、データの加工もできるため、スマートフォンでの撮影に慣れている人であれば、アプリの利用も選択肢の一つになります。なお、アプリを利用する場合は、きれいな仕上がりにするために、印刷する用紙はフォト光沢紙を使うようにしましょう。