リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

履歴書の「免許・資格欄」の書き方と運転免許の記載方法

履歴書には「免許・資格欄」があります。免許・資格欄の基本的な記載ルールと具体的な書き方や注意しておきたいポイント、運転免許の確認・記載方法などについて、書き方例も交えながら詳しく解説します。

履歴書の「免許・資格欄」の記載ルール

履歴書の「免許・資格欄」を書き進めるうえで、押さえておきたい基本的なルールについてご紹介します。

取得年月の形式は履歴書全体で統一(西暦・和暦)

免許・資格を記載する時には、取得した年月をそれぞれ書きますが、西暦・和暦などの形式は、履歴書全体で統一します。学歴・職歴欄を確認しながら、西暦・和暦が混在しないように注意しましょう。

免許・資格名は正式名称を記載

「普通免許」「宅建」などのように、免許・資格を略称で呼ぶことが一般的であっても、履歴書の免許・資格欄に記載する場合には、必ず正式名称で記載するようにしましょう。また、取得した時から免許や資格の名称が変更されている場合は、取得時の名称で記入すれば問題ありません。

保有していない場合は「なし」と明記

免許・資格を保有していない場合には、「なし」と明記します。空欄のままにしていると、企業の採用担当者は記載漏れなのか保有していないのかを判断できないからです。

免許・資格の書き方

履歴書の「免許・資格欄」の具体的な記入方法について、書き方例とともに詳しく解説します。

仕事で必要になる免許・資格を優先して記載する

志望する職種に関連する資格や、業務上必要となる免許・資格については、優先的に記入するようにします。普通自動車免許は、業務で使用する可能性もあるため、取得している場合は必ず記載するようにしましょう。

免許・資格欄の書き方例

履歴書の免許・資格欄の書き方例は、下記の通りです。免許・資格の名称の後には、1文字分のスペースを空けて「取得」や「合格」と記載します。すべての免許・資格を書き終えたら、次の行に右寄せで「以上」と書きます。

免許・資格
平成XX 5 普通自動車免許 取得
平成XX 12 宅地建物取引士試験 合格
平成XX 10 2級ファイナンシャル・プランニング技能士試験 合格
令和XX 10 TOEIC Listening&Reading Test 860点 取得
    以上

各種運転免許の確認・記載方法

運転免許に関する情報は、自身の免許証で確認することができます。ここでは、各種運転免許の確認・記載方法についてご紹介します。

取得免許は免許証の「種類欄」を確認する

取得している免許の種類については、免許証の下部にある「種類欄」を参照します。ここに取得した免許の略称がすべて記載されています。

運転免許証

略称ではなく正式名称を記載する

履歴書の免許・資格欄に記載する場合は、免許証の「種類欄」にある略称ではなく、正式名称を記載する必要があります。下記の表を参考に、正式名称を確認して記入しましょう。

略称 正式名称
大型 大型自動車免許
中型 中型自動車免許
準中型 準中型自動車免許
普通 普通自動車免許
大特 大型特殊自動車免許
大自二 大型自動二輪車免許
普自二 普通自動二輪車免許
小特 小型特殊自動車免許
原付 原動機付自転車免許
け引 牽引免許
大二 大型自動車第二種免許
中二 中型自動車第二種免許
普二 普通自動車第二種免許
大特二 大型特殊自動車第二種免許
け引二 牽引第二種免許