リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

履歴書の自己PRの書き方と例文

履歴書には、自己PR欄が設けられているケースがありますが、どのような内容を書けば効果的なのか悩む方もいるようです。そこで、履歴書の自己PRの役割や企業が見ているポイント、具体的な作成方法などについて、例文とともに詳しくご紹介します。

自己PRの役割と企業が見ているポイント

履歴書に記載されている学歴・職歴、保有資格だけでは、仕事に対する姿勢や人柄を十分に伝えることはできません。そこでうまく活用したいのが、自由に記述できる「自己PR欄」です。

自己PR欄は、学歴や職歴だけでは伝えられない、仕事へのこだわりやモットー、工夫して取り組んできたこと、これまでの成果などを具体的にアピールするためのものです。自身の個性や強みを示し、それらを活かして「応募した企業に対してどのように貢献できるのか」を表現できます。

企業の採用担当者は、自己PRによって募集している職種やポジションにマッチしているか、今後の活躍の可能性はどれぐらいあるのか、企業風土に合っているかなどを判断しています。そのため、自己PR欄を活用して仕事への意欲や自身の強みを効果的に伝えることが重要です。

自己PRの基本的な作成方法

具体的にどのように自己PRを作成すればよいのか、まとめ方のポイントなどをご紹介します。

「キャリアの棚卸し」を通じて強みを明確にする

自己PR文を書き始める前に、まずは自身のキャリアの棚卸しをしてみましょう。これまで経験してきた業務を改めて振り返り、周囲から評価を受けたこと、具体的な成果やエピソード、得意とする業務や分野などを洗い出し、整理します。

特に社会人経験の長い方が転職を考える場合、これまでの職務経歴が多くなります。そのため、キャリアを整理してどの強みにフォーカスし、転職活動を進めていくのかを考えることが重要になるでしょう。

仕事内容や企業が求める人物像を理解する

自身の長所・強みなどを洗い出した後は、志望する企業の募集内容を確認し、求めている人物像と自身の強みの共通点を探りましょう。「企業が求めている人材とうまくマッチしていない」と感じる場合は、これまでの経験を改めて見返し、活かせる強みがないかを考えてみましょう。

活かせる強みについてエピソードを交えてまとめる

これまで洗い出してきた自身の強みを、エピソードを交えて具体的に文章にまとめます。客観的な評価や数値なども含めると、説得力のある文章に仕上げることができます。

履歴書の自己PR作成の流れ

自己PRを作成する場合に、意識しておきたい3つの構成と、書き進めるうえでの注意点をまとめました。

自己PRの構成

自己PRの文章をまとめる際は、以下の3つのステップを意識して作成するようにしましょう。

【Step:1】仕事における信条やこだわり、強み
【Step:2】具体的なエピソード
【Step:3】成果

仕事に対する姿勢や大切にしているこだわりなどを記載したうえで、それを裏づける具体的なエピソードを紹介し、得られた成果を伝えます。この構成を意識すれば、自身の強みが伝わりやすい自己PR文ができあがるでしょう。

構成に従ってまずは職務経歴書用に作成する

自己PR文は、履歴書だけでなく職務経歴書にも使用します。枠のサイズが決まっている履歴書よりも、職務経歴書は文字量に自由度が高いため、まずは職務経歴書用に文章を作成するのがおすすめです。文字の分量はおおむね200~400文字が目安となります。

履歴書用にサマリ版を作成する

職務経歴書用に作成した自己PR文を簡潔にまとめ、履歴書に記載しましょう。この方法を用いることで、履歴書と職務経歴書の内容に齟齬が生じることもありません。文字量の目安は100~150文字程度。記入欄を全部埋めるのではなく、少し余白を残した8割程度に収めると読みやすくなるでしょう。

履歴書の自己PR例文

営業職、IT系技術職、事務系職の3職種について、自己PRの例文を紹介します。例文を参考にしながら、自身の強み・得意分野を意識し、具体的なエピソードや得られた成果を書いていけば、効果的な自己PR文を作成することができるでしょう。

営業職の自己PR例文

専用機器メーカーの法人営業に丸10年従事し、顧客目線を大切にした提案に力を入れてきました。大手顧客に対し、現場の生産性を大幅に改善する提案をした時は「歩留まりが2割も向上した」と嬉しい言葉をいただきました。

IT系技術職の自己PR例文

これまでプロジェクトリーダーとしてマネジメントスキルを磨いてきました。15名ほどのメンバーと積極的にコミュニケーションを図り、個々のスキルを活かせる業務配分を意識した結果、チームの生産性が向上。残業時間を一人当たり月間10時間減らすことができました。

事務職の自己PR例文

入社3年目から子会社の経理全般を行い、連結決算も一人で担当しました。入社10年目の現在は、管理職として6名の部下の指導を行い、マネジメントを行っています。また、業務の幅を広げるために税理士の資格取得の勉強にも励んでいます。