リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

「スカウト」とは? 転職エージェントのスカウト活用法

希望の転職先と出会う手掛かりの一つになるのが「スカウト」です。使用する転職エージェントやサービスによって内容は異なりますが、あらかじめ登録しておいたレジュメをもとに、お勧めの求人を紹介してくれたり、可能性を広げるような魅力的な提案をしてくれたりする便利なサービスです。スカウトの種類やメリットを知り、上手に活用していきましょう。一般的な転職エージェントや転職サイトのスカウト機能についてご紹介します。

「スカウト」とは?

スカウトとは、スカウトサービスやビジネスSNSに登録しておいたレジュメ(職務経歴)を見て、興味を持った企業や転職エージェントからメールが届くサービスのことです。一般的にスカウトには、大きく分けて「自動送信・一括送信スカウト」と「対象者限定スカウト」の2種類があります。

なお、スカウトサービスを利用する場合、レジュメは匿名で、企業や転職エージェントからメールアドレス、電話番号、住所などの個人情報は公開されません。特定の企業や転職エージェントをブロックする機能もあるので、安心して利用することができます。

自動送信・一括送信スカウト

現在の職種、業界、保有資格など、登録されているレジュメに対して、条件に合致した求職者のみを抽出して自動または一括で送信されるスカウトメールを指します。送信する企業や転職エージェントの数も多く、さまざまな求人に幅広く触れることができますが、レジュメを深く読み込んでいないため、マッチングの精度は低くなります。

対象者限定スカウト

登録されているレジュメを企業や転職エージェントが個別に目を通して選出し、「応募してほしい」「希望にマッチしている」と感じた求職者に対して、求人の紹介や面談・面接の依頼をするスカウトメールです。自動送信・一括送信スカウトに比べて精度が高く、希望の転職につながりやすいのが特長です。

スカウトを利用するメリット

企業や転職エージェントのスカウトには、転職活動をより効率的に進めるうえでさまざまなメリットがあります。スカウトを活用する主なメリットについて解説します。

求人を探す手間が省ける

たくさんの求人の中から、自身の条件に合った仕事を見つけ出すのは骨の折れる作業です。あらかじめレジュメを登録しておくだけで、さまざまな求人がスカウトメールとして届くため、希望する条件の求人を自ら探す手間が省け、転職活動をより効率的に進めることができます。

非公開求人のスカウトもある

転職エージェントは、企業の重要ポジションや新規事業の立ち上げなど、さまざまな事情で一般には公開していない「非公開求人」を数多く扱っています。スカウトサービスを利用することで、非公開求人のスカウトを受け取ることもできるでしょう。

意外な転職エージェントや求人に出会う可能性がある

登録されている情報を見た企業や転職エージェントがスカウトを送ってくるため、意外な経験・スキルに興味を抱かれたり、全く考えていなかった業界や企業からスカウトが届いたりすることもあります。スカウトを活用することで、キャリアの可能性を広げることができるでしょう。

面談や面接依頼のスカウトもある

スカウトサービスでは、登録した経験・スキルや希望条件などをもとに求人が送られてきますが、中には転職エージェントからの「面談希望」のスカウトもあります。登録されている情報には限界があるので、面談で詳しくヒアリングし、最適な求人を紹介するというものです。

転職を考えていなくても利用できる

スカウトサービスは、今すぐに転職しようと考えていない人でも利用することができます。登録した経験・スキルにどのようなスカウトが届くのかを確認することで、現時点でのキャリアの転職市場のニーズを知ることができます。転職を本気で考えるときの参考にもなるでしょう。

転職を成功させるための上手なスカウト活用法

転職活動をスムーズに進めるためには、スカウトを上手に活用するのが有効です。スカウトを利用する際、押さえておきたいポイントをまとめました。

レジュメをしっかり入力する

まずは職務経歴やスキルをきちんと記入することが重要です。特に「対象者限定スカウト」の場合、企業の採用担当者や転職エージェントは、一人ひとりのレジュメを見たうえでスカウトメールを送信するか判断するため、「情報が少ない」「わかりにくい」「情報が古い」レジュメでは選ばれにくくなります。必要な項目やアピールしたい情報はもれなくわかりやすく入力し、最新の状態にするようにしましょう。

希望条件を入れる

希望条件の項目がある場合は、入力しておきましょう。企業や転職エージェントは、入力されている経験・スキルなどからマッチしているか判断してスカウトを送っています。例えば「別の業界に転職を希望している」「実家のある〇〇地域で転職したい」など、キャリアチェンジや転職で譲れない条件がある場合、しっかり入力しておかないと企業や転職エージェントは判断することができません。職種や勤務地、年収などの希望証券を入れることで、よりニーズにマッチしたスカウトを受け取ることができるでしょう。

スカウト設定やブロック設定を活用する

自動送信・一括送信のスカウトメールは大量に届くことが多いため、一つひとつをチェックして管理するのは相当な手間がかかります。また、「勤務先に転職活動をしていることを知られたくない」という不安もあるかもしれません。

スカウトサービスによっては、受け取るスカウトの種類を選択したり、特定の企業や転職エージェントをブロックする機能がついています。スカウトの設定を工夫して、マッチしたスカウトのみを受け取るようにしましょう。

転職意欲が高い場合は定期的にログイン/更新する

「早く転職したい」「より多くの企業と出会いたい」など、転職する意欲が高い場合は、定期的にスカウトサービスにログインしたり、登録情報を更新したりするとよいでしょう。ログインした日付が新しいと、「転職活動を熱心に行っている可能性が高い」と判断され、スカウトメールが届きやすくなるからです。

また、転職希望時期がある場合も入力しておきましょう。時期によっては、企業や転職エージェントのスカウトの優先順位が上がることもあります。

興味を持った企業や転職エージェントには積極的に話を聞いてみる

スカウトメールの文面が丁寧で信頼感があり、興味を持った場合は返信して具体的な話を聞いてみましょう。オンラインでの面談や面接を行っている企業や転職エージェントも増えているため、足を運ばなくても話を聞くことができます。気になる求人情報に出会った時は、自ら積極的にアプローチしてみてください。