リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

企業や転職エージェントにお礼を伝える場合のシーン別メール例文

転職活動の結果は、今後のキャリアを大きく左右するものです。だからこそ、転職活動を力強くサポートしてくれる転職エージェントはとても頼りになる存在。場合によっては「感謝の気持ちを伝えたい」と思うこともあるかもしれません。また、選考中の企業に対して「お礼がしたい」という方もいるのではないでしょうか。どのような方法で思いを伝えればいいのか、お礼を伝える場合のシーン別のメール例文とともに詳しく解説していきます。

企業や転職エージェントへのお礼メールのメリット

応募した企業や転職エージェントに対して、お礼の気持ちを伝えるメリットは次のようなものです。

お礼は必須ではないが、意欲が伝わることもある

転職活動を本格的に開始すると、転職エージェントのキャリアアドバイザーと頻繁にやり取りすることになります。お礼メールの送付は必須ではありませんが、お礼と同時に転職に関する不安や疑問などを伝えれば、キャリアアドバイザーとの距離を縮め、お互いの信頼関係を深めることができるでしょう。

熱心にサポートしてもらえる可能性が高まる

転職エージェントは、求職者の転職をサポートする役割。お礼の有無に関わらず、転職のサポートを受けることができるでしょう。

ですが、お礼メールを受け取ったり感謝の言葉があったりすれば、キャリアアドバイザーも「支援したい」というモチベーションは高まるものです。

企業へのお礼は転職エージェントに伝えてもらう

選考を受けた企業に対しては、転職エージェントを通じて感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

もちろん、企業へのお礼についても必須ではありません。また、お礼メールを受け取ったとしても、選考に直接影響する可能性は高くはありませんが、意欲や熱意を伝えることで、好印象を抱いてもらえるかもしれません。

お礼メールを書くときのポイントは?

転職エージェントへのお礼メールを書く際には、単に感謝の言葉を述べるだけでなく、「転職を成功させる」という共通の目的を達成するため、必要な情報を盛り込むことが重要です。

企業との面接や日程調整、求人紹介など、さまざまなサポートに対するお礼の言葉は、慣例的に伝える程度で十分です。それよりも大切なのは、「面接を受けた企業への志望度はどうか?」「面接での手応えはどうだったか?」、「他のエージェント経由で面接調整中の企業はどこかあるのか?」など、転職成功という共通の目標に向けて役に立つ情報です。より綿密なコミュニケーションを取るための手段として有効活用するようにしましょう。

本文は簡潔に、正直な気持ちを伝える

感謝の言葉は、簡潔に述べるようにしましょう。自分自身の思いをいろいろと伝えたい方もいるかもしれませんが、キャリアアドバイザーによっては、多くの求職者を担当しており、メールを読むことがかえって負担になる可能性もあります。できるだけ短く簡潔にあなたの正直な気持ちを伝えるようにしましょう。

気になっていることがあれば補足する

お礼メールを送るタイミングで、気になっていることがあれば補足するようにしましょう。どんな不安や疑問を抱いているかをしっかり伝えることで、必要なサポートが明確になり、入社後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

シーン別・お礼メール例文

初回面談後のお礼メール例文

件名:面談の御礼(●氏名●)

◆◆エージェント株式会社 ○○様
お世話になっております。

本日面談させていただいた●氏名●と申します。
お忙しいところ、面談のお時間をいただきましてありがとうございました。
○○様との面談を通じて、転職に対する不安を解消することができました。

面談にてご指摘いただいた「自分自身の強み」と「志望動機」について、
改めて見つめ直し、来週にはご連絡させていただきます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

日程調整中のお礼メール例文

件名:面接の日程調整の御礼(●氏名●)

◆◆エージェント株式会社 ○○様

お世話になっております。●氏名●と申します。

この度は、ご紹介いただいた「株式会社■■」の面接について
日程調整をいただき、誠にありがとうございました。

○○様から事前にアドバイスいただきました
「自分自身の強み」と「志望動機」を改めて意識し、
●月●日●時からの面接に臨みたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

企業との面接後のお礼メール例文

件名:面接の御礼のお願い(●氏名●)

◆◆エージェント株式会社 ○○様

お世話になっております。●氏名●と申します。
本日、○○様にご紹介いただいた
株式会社■■の面接へ行ってまいりました。

株式会社■■のお話を詳しくお聞きし、
▲▲▲業界を牽引する企業として常に新たなチャレンジを続ける姿勢や、
仲間との助け合いを重んじる企業風土に改めて魅力を感じ、
この会社で新たな一歩を踏み出したいという思いを
より一層強く抱くようになりました。

つきましては株式会社■■の採用ご担当者様に、
面接の御礼をお伝えいただいてもよろしいでしょうか。

お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

内定承諾後のお礼メール例文

件名:内定の御礼(●氏名●)

◆◆エージェント株式会社 ○○様

いつもお世話になっております。●氏名●と申します。

この度は、○○様にあらためて御礼をお伝えしたく、
メールさせていただきました。

3カ月間の長きにわたり、転職活動をご支援いただき
本当にありがとうございました。

当初は自分の強みや志望先が明確化できず、
今後の理想のキャリア像を十分に描けていない状況でしたが、
○○様のアドバイスによって目標をしっかりと定めることができました。

今後は株式会社■■の★★部に勤務することになります。
○○様からのご支援を活かし、自己成長を続けながら
■■のさらなる発展に寄与していく所存です。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

入社前後のお礼メール例文

件名:入社の御礼(●氏名●)

◆◆エージェント株式会社 ○○様

いつもお世話になっております。●氏名●と申します。

○○様にご紹介いただいた株式会社■■に無事入社いたしました。
まだまだ慣れないこともありますが、意欲的に業務に取り組んでおります。
○○様のご尽力により、希望していた環境で、新しい人生をスタートさせることができました。心より感謝申し上げます。

もし今後、キャリアについて改めて見つめ直す機会がございましたら、
またぜひ○○様にご相談させてください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。