リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

職務経歴書の「職務内容」の書き方とは

中途採用では、履歴書と職務経歴書の提出を求められます。職務経歴書の大半を占めるのが「職務内容」になります。「職務内容」と「業務内容」の違いと、職務経歴書における「職務内容」の書き方や作成のポイントをご紹介します。

「職務内容」と「業務内容」の違い

「職務内容」とは、「業務内容」を細分化した上で、個々の従業員が担当している業務・役割を指します。「業務内容」とは、企業の「事業内容」を細分化したもので、その事業に携わる部署・事業部などが全体で取り組んでいる仕事になります。

事業内容(企業全体が行っている活動)
 ↓
業務内容(企業が行っている活動の中で、部署・事業部が行う仕事)
 ↓
職務内容(業務内容を細分化した上で、各従業員に割り当てられた仕事)

例えば、食品専門メーカーであれば、「製造・加工業」「卸売業」「小売サービス業」などが「事業内容」になるでしょう。このうち、「製造・加工業」を担うのが「生産・開発事業部」という場合は、「食品の製造・加工・開発」が「業務内容」になります。さらに、「業務内容」の中で商品開発を行っていた方の場合、「職務内容」は「商品開発」になります。

職務経歴書における「職務内容」の書き方のポイント

職務経歴書では、経験した職務をはじめ実績やスキルなどを記載するため、文字数が多くなることが想定されます。そのため、思いつくままに書いてしまうと、情報が整理されておらず、読みにくい職務経歴書になってしまいます。採用担当者に分かりやすく伝えるためには、構成を決めてから作成すると良いでしょう。

「役割、役職」+「具体的な仕事内容」+「実績」で構成

職務内容の書き方に決まった書式やフォーマットはありませんが、ポジションや役職、従事した具体的な仕事の内容、仕事を通してどのような結果を出したのかを書くのが一般的です。そのため、「役割、役職」+「具体的な仕事内容」+「実績」で構成すると分かりやすくなります。

箇条書きを活用し、簡潔に記載

職務経歴書は、読みやすさが重要です。ただ文章を羅列するだけでは、採用担当者が一目で把握することは難しく、“読みやすい”とは言えません。そのため、「見出しを付ける」「箇条書きにする」、などの手法で簡潔に書くことを意識すると良いでしょう。何が記載されているのかが分かりやすくなる上、アピールポイントの判断もつきやすくなるでしょう。

実績は数値で伝え、規模や影響範囲が判断できるようにする

職務経歴書の職務内容に記載する実績は、規模や影響範囲が客観的に判断しやすいように、数値を交えて記載すると良いでしょう。例えば「昨年対比〇%」「業務時間を〇時間短縮」「〇人中〇位」など、採用担当者が見てもわかるように工夫することをおすすめします。

異業界に転職する場合は用語に注意する

まったく経験のない異業界に転職する場合は、職務内容に記載する“用語”には注意が必要です。業務上何気なく使っていた言葉でも、その業界でしか使われておらず、採用担当者に意図が伝わらない可能性があります専門用語を使わなければならない場合は、一般的に使われている用語に変換したり、わかりやすくかみ砕いたりして記載することをおすすめします。

「職務内容」の例文

職務経歴書に記載する職務内容の例文をご紹介します。

30代・営業職の例文

社名:●●株式会社
勤務期間:20XX年月入社~現在
部署・役職/首都圏法人営業1部

【具体的な仕事内容】
法人営業
・20XX年4月入社…営業部に配属、主に都内の新規開拓を担当
・20XX年4月…リーダーに昇格。既存顧客対応・新規開拓のほか、メンバー5名の教育を担当

<営業商材>
各種情報機器やセキュリティ商材(ICT関連商品)
・エリア/東京都内
・顧客/100社を担当(●●業界や●●業界がメイン)
・既存顧客5割・新規開拓5割

<内容>
◎既存顧客の対応/新しいサービスや商材の提案・プランの変更・定期訪問
◎新規開拓のための書類作成、営業先のリストアップ
◎技術部門との連携
◎サービス導入・商品納品の際の立ち合い
◎納品後のフォロー

<実績>
20XX年/●●万円(110%達成)★●●で表彰(●名中)
20XX年/●●万円(108%達成)
20XX年/●●万円(109%達成)

30代・管理部門

社名:●●株式会社
勤務期間:20XX年4月入社~現在
部署・役職/総務部人事課・課長

【具体的な仕事内容】
人事採用
・20XX年4月入社…総務部人事課に配属。新卒・中途採用に関わる業務を担当。
・20XX年6月…リーダーに昇格。上記の業務に加え、2名の教育係を担当。
・20XX年1月…係長に昇格。業務フローの改善や研修の導入にも携わる他、3名のマネジメントも担当。

<内容>
◎採用計画立案
◎予算管理
◎入社・退職の手続き・管理業務
◎新卒・中途採用業務全般
◎導入研修のパッケージ化
◎採用管理ツール(〇〇〇)の導入

<ポイント>
採用フローをより効率化するために、システムを導入し、グループの採用業務時間を1割削減。また、メンバーが個別に行っていた導入研修を標準化した結果、研修関連業務は派遣スタッフで運用が可能に。メンバーが採用のコア業務に集中できる環境を整えた。

40代・管理職

社名:●●株式会社
勤務期間:19XX年4月入社~現在
部署・役職/総務部総務課・課長

【具体的な仕事内容】
総務部総務課(●●年●月~現在)
・19XX年4月入社…総務部総務課に配属、社内の備品管理や福利厚生に関する業務などを担当
・20XX年6月…リーダーに昇格。契約書の作成や重要書類の管理など、総務課の重要業務を担当
・20XX年6月…課長に昇格。会社全体のコンプライアンス徹底に注力すると共に、課全体のマネジメントも担当。また、コスト削減プロジェクトの責任者としても従事

<内容>
◆ISO14001導入
 企画・導入をはじめとするプロジェクトの責任者業務
◆書類や備品のコスト削減(年間5,000万円程度)
 各拠点23ヶ所における備品管理・業者選定
◆総務業務全般
 オフィスのセキュリティレベルの強化

<ポイント>
コスト削減のための全社プロジェクト責任者を担当。データ分析による印刷環境の改善、通信・光熱費の見直し、消耗品のコスト削減を発案。メンバーを中心に全社に周知する共に、定期的な振り返り・改善を行うことによって2年後に目標を達成。その取り組みが評価され、社長賞にて表彰。