リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

在職中の履歴書・職務経歴書の書き方のポイントと見本

現在も仕事を続けている場合、履歴書・職務経歴書にはどのように書けばいいのでしょうか。在職中の履歴書・職務経歴書の書き方について、具体的な記載例とともに押さえるべきポイントを細かくご説明します。

在職中の履歴書・職務経歴書の書き方のポイント

履歴書・職務経歴書を作成するのは、すでに退職している人ばかりではありません。在職している場合は、履歴書・職務経歴書はどのように記入すればいいのでしょうか?

履歴書の職歴欄の記載例:「在職中」と記載する場合

履歴書や職務経歴書は、基本的に記入時点の状況を書きます。そのため、就業状況についても、現状をそのまま記載するようにしましょう。在職中に転職活動を行っている場合は、下記の記載例のように、職歴の最後に「在職中」もしくは「現在に至る」と書くのが一般的です。

学歴・職歴
20XX 4 ○○○○株式会社入社 在職中
    以上

職務経歴書の経歴欄の記載例

職務経歴書についても、履歴書と同様、最後に「在職中」もしくは「現在に至る」という文言を書くようにします。

【職務経歴】

20XX年4月○○○○株式会社入社
新入社員研修受講(電話対応、ビジネスマナー、キャリア形成など)
営業実習(OJT、営業同行)

【実績】新人営業グランプリで優勝(新人30人中受注トップ)


20XX年9月 食品事業部に配属

地元スーパー向けのチルド食品の営業を担当

【営業スタイル】ルート営業(9割)、新規開拓営業(1割)
【担当顧客数】5社
【仕事内容】店舗ごとの販売提案、販促キャンペーンの企画など
【実績】売上高 20XX年度:3,200万円 20XX年度:5,600万円


20XX年4月 冷凍食品事業部(新設)に異動

地元スーパー・コンビニ向けの冷凍食品の新規開拓営業を担当

【営業スタイル】ルート営業(1割)、新規開拓営業(9割)
【担当顧客数】1社→10社との新規取引を開拓
【仕事内容】新規開拓、商品提案、採用後の販売促進、フォロー、部下4名の育成、マネジメント業務
【実績】売上高
 20XX年度:150万円
 20XX年度:2,300万円
 20XX年度:5,800万円
 20XX年度:1億600万円 現在に至る

以上

すでに退社日が決まっている場合は「退職予定日」を記載する

すでに退職する日付が決まっている場合には、履歴書に退職予定日を記載します。職歴欄にそのまま記載する方法もありますし、本人希望欄などを活用してもよいでしょう。

履歴書の職歴欄の記載例:「現在に至る」と記載する場合

カッコ書きなどで退職予定時期を記載します。

学歴・職歴
20XX 4 ○○○○株式会社入社 在職中
    現在に至る(20XX年10月退職予定)
    以上

実際には、退職予定日が決まっていない場合でも、面接に臨むことになれば「いつ頃退職する予定なのか?」「どれぐらいの時期から入社できそうか?」といった質問が出る可能性が高いです。そのため、あらかじめ就業中の会社の就業規則などを確認し、ある程度の目安を返答できるようにしておくことをおすすめします。

なお、転職先に入社できる日がわかっている場合には、備考欄などに「入社可能日」も記載するようにしましょう。

在職中で連絡が取りにくい場合は履歴書で補足しておく

在職している場合、日中はなかなか連絡が取れず、応募企業の採用担当者から連絡が入っても、休憩時間中や勤務後に折り返すなど、スムーズにやり取りできないケースもあります。面接日の調整などに時間がかかり、結果的に入社までの日程が延びてしまうことも考えられます。

できるだけスムーズに連絡を取ることができるように、円滑に連絡が取れる手段や時間帯をあらかじめ提示しておくことをおすすめします。 記載例を参考にしながら、履歴書の備考欄などに記載しておくようにしましょう。

在職中の場合の連絡先の記載例

・連絡が取りやすい時間帯/月~金曜の19時以降、土・日曜の終日
・携帯電話/090‐0000‐0000
・メールアドレス/0000@000.ne.jp

※携帯電話に出られない場合には、恐縮ですが留守番電話にメッセージを残していただけますと幸いです。確認次第、できる限り早めに折り返しのご連絡を差し上げます。何とぞよろしくお願いいたします。