リクルートが厳選した2,200名以上のヘッドハンターが、あなたに最適な仕事をご提案します。

会員登録(無料)

すでに会員の方はこちら

COOとは CEOとの違い、担うべき役割や魅力、転職・キャリアパスを解説

この十数年、「CxO」という役職をよく見るようになりました。なかでもCOOはCEOに次いで頻繁に目にします。COOとはどんな役割を持った役職か、COOが日本の企業組織で一般的になった歴史的経緯、COOになるためのキャリアパスについて解説します。

COOとは

COOはアメリカの企業に由来しますが、COOとはどのような役職で、それがどのような経緯で日本企業の多くに置かれるようになったかを解説します。

COOの定義

COOとは英語の「Chief Operating Officer」の略で「最高執行責任者」と訳されます。アメリカの企業では、企業の所有者である株主を代表する取締役会が、業務執行を行う執行役員を任命・監督するのが企業統治の基本形となっています。COOは執行側の役職のひとつです。そして、COOは法律上明確に位置づけられた役職ではなく、企業が自主的に使用している役職名です。

日本におけるCOOの歴史

日本で一番最初にCOOを導入したのは1997年のソニーと言われています。ソニーは、所有と執行を分けるアメリカ流の企業統治体制を模した執行役員制度を日本で初めて導入するのを機に、取締役の大部分に、アメリカ企業で使われていたCxOの名称を付加し、COOもそのひとつでした。

CEOとの関係性 兼務する場合など

CEOとCOOの両方が置かれている企業では、COOは企業トップであるCEOの下で働くナンバー2に位置付けられます。会長がCEO、社長がCOOになっている企業がある一方、社長がCEOになっている企業では、副社長など他の役員がCOOになっています。また、一人がCEOとCOOを兼務している企業もあります。

CEOが企業の長期的な経営方針や事業計画に責任を負っているのに対して、COOはCEOの経営方針に従って日々の業務執行に責任を負います。CEOとCOOは上下関係にあるとともに、組織の中で果たす役割には明確な違いがあります。

COOの役割

COOのひとつめの「O」はオペレーション、すなわち、業務を執行することを意味しています。業務の執行にはCFO(最高財務責任者)、CMO(最高マーケティング責任者)など複数の責任者がいますが、これらの責任者を統括して、企業全体の業務執行の責任を負うのがCOOの役割です。

CEO とCOOの関係は監督とプレーヤーに例えることができます。COOはCEOが示す方針を理解し、それを実現するにはどうしたらよいかを考え、そのために必要なヒト、モノ、カネを整理しながら、最適な活用や配置を決定していきます。

例えば、CEOが「新しい事業のアイディア」を出した場合、COOはその事業を行う市場を分析し、社内の各部署でどのように業務が行われ、各業務がどの社員に担われているかを把握したうえで、CEOが構想した新事業を実際の業務にどう落とし込んでいくか検討します。そして、各業務の責任者に実行を指示します。

COOになる(=最高執行責任者)とはどういうことか

このようなCOOの役割を果たすために、COOをめざす人がキャリアの中で培っていくべき資質とはどのようなものかを解説します。

CEOのサポートをする

COOはCEOの経営方針を実行に移す責任者ですから、誰よりもその経営方針を理解することが不可欠です。企業経営全般の知識、その企業が活動しているマーケット全体を理解し、そこに収益機会を見出す力が必要です。

そして、CEOは長期の展望のもとに事業を構想するのに対して、COOは目先の業務を統括するので、とかく意見の相違は起こりやすいですが、同時に二人三脚で企業経営を担います。したがって、意見の食い違いはあっても、CEOと良好な人間関係を築く人間力も重要です。

会社のミッションやビジョン、事業アイデアを、実現可能な業務・体制に導く

CEOが長期的なビジョン、ミッションや今後の具体的な事業展開を定めるにあたっては、実現可能性を確認する必要があります。CEOがどんなにすばらしいアイデアを持っていても、社内のリソースや業務の進め方の制約のために実行できないのであれば、それは絵に描いた餅になってしまいます。そこでCOOは「現状ではそれは無理です」、「実行するためには○○ を変更することが必要です」という助言をCEOにします。

こうした助言をするために、COOは社内の業務をよく理解しておく必要があります。しかし、社内の業務すべてをCOO自身が経験しているわけではありません。したがって、社員から業務の遂行状況を聞いたり、業務フローや手順を記載したドキュメントを読んだりした時に、その業務の遂行状況とともに、CEOが示す経営方針を実行に移すためにどのように業務のやり方を変えればよいか、あるいは変えないでよいかをビビッドに想像できるだけの思考能力がCOOには必要です。

会社のリソースを最適化する

CEOが示す経営方針を実行に移すためには社内のヒト、モノ、カネの配置を変えなければならない場合もありますが、それを実行するのもCOOの重要な役割です。そのためには、社内で起きている問題や課題を理解するだけでなく、当事者意識を持って向き合い続けられる人でなければなりません。指示を受ける社員の立場、気持ちを十分に汲み取ったうえでの指示でなければ、社員は指示に従ったとしても、仕事へのモチベーションを保てなくなってしまいます。

ヒト、モノ、カネの配置を変える場合は抵抗を受けることもあります。抵抗勢力を説得するのもCOOの役割です。COOが普段から面倒見の良さといった人間性や、いざという時の判断力が認められていると、説得を受け入れてもらいやすくなります。また、説得が功を奏しない時は、やむをえず命令することも必要になります。COOは社員を動かすための役割を柔軟に変化させることも必要です。

COO へのキャリアパス

COOになるためには、どのようなキャリアパスを辿っていくのでしょうか。これまでご紹介したCOOに必要な資質を身につけられるキャリアパスを2つご紹介します。

コンサルタントからCOOのポストに転職する

COOへのキャリアパスとして代表的なのが、コンサルタントからの転職です。コンサルタントといっても、戦略コンサルタントやマーケティングコンサルタントではなく、業務改善・業務改革(BPR)のプロジェクトに従事するコンサルタントで、そうした経験はCOOに必要な資質を身につけられる 早道です。プロジェクトでは、クライアントの業務担当者や中間管理職から現行業務の遂行状況をヒアリングし、課題を設定し、その解決策を考えます。

自ら実務を経験できる業務に限りがある以上、コンサルタントとして多種多様な業界、業務における経験をできる限り多く積むことは、COOとして未経験の業務を理解し、その問題点と改善機会を見つけ出す能力を養うことになります。

専門性の高い職種からCOOのポストに転職する

社内のいずれかの業務部門において、責任者レベルの経験を経てCOOに転職するキャリアパスもあります。複数の業務部門を経験し、その中には営業、製造など直接事業に関わる部門が含まれていることが望ましいと言えます。業務部門の責任者を務めることは、配下の社員を動かして、部門に課せられた目標を達成するための術を身につけることができるからです。

なかでも経営企画部門は、CEOやCOOの直下で企業全体の戦略立案と経営管理の実務を行うことになるので、この責任者の経験者は経営専門職と言ってよいでしょう。ビジネススクールで習うことを実務を通して身につけるようなもので、COOのみならず、COOを務めた後にCEOへの道が拓けることもあります。

まとめ

COOは企業の日々の実務を動かす責任を負う役職です。広く組織全体に目配りをして、適時に指示を出すので、日々、実現できた時の達成感を味わうことができます。それは、長期的に企業のミッションやビジョンが実現できた時にCEOが味わえる達成感とは異なり、より短期的に得られるものです。そして、自らがキャリアで得てきた経験、知識を、COOの業務に確実に活かせるところもCOOの魅力です。COOをめざすことは、現在の仕事により多くの意味を感じられることにもなるのです。